• love
  • 2018.01.10

「マトモな男はどこにいる?」「なぜ八つ当たりされるの?」婚活疲れで胃カメラ女子にカウンセリング③

お断りをしたら「クソアマ、死ね!」と恫喝され、ストレスから胃カメラを飲むことになってしまったKさん。それでもくじけず婚活を続けてきましたが、出会う男性は変な人ばかり。マトモな男性と出会うコツをお教えします!

 婚活でお断りした自衛官に「クソアマ、死ね!」と恫喝されて、ストレスから胃カメラを飲んだKさん(33歳会社員)。
「マトモな人なんているの?滅亡したんじゃないかな?」と悩む彼女にアドバイスしました。

男女のレベルの差

画像
by Pexels

婚活パーティーに行っても、女性は見た目も綺麗だしコミュ力も高いし、なんでこんな素敵な人たちが結婚できないんだろう?逆に男性はなんでこんな変な人が多いんだろう?って(笑)

素敵な独身女性が結婚できないのは、素敵な独身男性が少ないから。「婚活市場で男女のレベルが釣り合ってない」って男女共に言うよね。マトモな男子は数が少ないから売れてしまってるし、婚活を始めても即完売していくんだと思う。

たしかに…なんでそんなに差が出るんでしょう?

ひと昔前までは女が自立できなくて、男はマトモに学校を出てマトモに就職すれば結婚できた。今は状況が変わって男も選ばれる側になってるのに、その自覚が女ほどなくて、自分磨きをしないんじゃないかな。

女性はメチャメチャ自分磨きしてますもんね。「じゃないと結婚できない」って。

それでどんどん差が開いていくんだよね。人事のプロも「就活も同じで、優秀な男子は青田買いされるから採用したい男子が残ってない。できるなら全員女子を採用したい」と言ってたよ。

私も25歳頃までは周りにマトモな独身男子がいたけど、31歳で婚活を始めたら「あれ?マトモな男は全滅したの?」みたいな。

「マトモな男は全滅したんでしょうか?」と聞かれるたびに「石の裏とかにいますよ」と答えてる。地味でオクテで自己アピールが苦手だけど、真面目で優しくて頭がいい、じっくり話すと面白い…そういう掘り出しもの系の男子は残ってるから「オクテ男子というブルーオーシャンの中から、磨けば光る金の卵、キンタマを見つけよう」と提案してます。

キンタマ。

キンタマ。それには石を1つずつ引っくり返して、じっくり見つめる必要がある。初対面でピンとくる人なんて残ってないから、3回は会って様子を見るとか。3回会うのがダルかったら、電話で話すのでもいいと思う。「顔が見えない方が緊張せずに話せる」ってオクテ男子は多いし。

たしかに電話の方が楽ですよね。わざわざ化粧して出かけなくていいし、お金も時間も節約できて(笑)

以前登場したCさんは、あのあと婚活サイトで結婚が決まったんだけど「電話を発明した人は偉大です!」と言ってた(笑)。彼とは遠距離で休みも合わなかったから、電話で仲を深めたらしい。彼女も「マトモな男は滅亡した」と言ってたけど、今は幸せそうに暮らしてますよ。

ちゃんと幸せな結婚をしてる人もいるんですね…それを聞くと希望が持てます!

ウンコかあんこか?

ブルボン チョコあーんぱんフクロ 44g×10袋
ブルボン チョコあーんぱんフクロ 44g×10袋

キンタマ発掘には「完成形を求めず、育てる姿勢」も大事だと思う。見た目がダサかったり、口下手でリードが下手だったりしても「女慣れしてない=ヤリチンや遊び人じゃない、アタリだ!」と考えてほしい。

私も昔はオシャレでリードしてくれる人が好きだったけど、今は「マトモな独身男子はオクテゆえに残ってる」と胸に刻んでます(笑)。ただ、その中からマッチングする人に出会うのが難しくて。

効率的な婚活のSさんは、プロフに「真面目で誠実で優しい人が好きです。理系・シャイ・オタク・メガネ◎」と書いたんだって。好みのターゲット層は「キミこそ理想だ!」と言われたことがないから「えっ…それってまさか俺?!」と石の裏から飛び出してきたらしい。

なるほど、わかりやすい看板を出しておくことですね。

ありきたりなプロフだと埋もれてしまうよね。ただ現実問題、Sさんは25歳だけどKさんは33歳なので、自分からも動いた方がいいと思う。

以前登場した38歳女子のYさんは、大手結婚相談所のサイトに登録したら50代のおじさんからメールが殺到したと言ってた。彼女は33歳の夫と結婚したんだけど、最初は「5歳も年下だし無理だろうな」とダメモトでメールを送ったんだって。


その記事を読んで「そんな年下を射止めるなんてすごい!羨ましい!」と思いました。私も年上の「THEおじさん」を紹介されることが多いので。

Yさんと夫は理系の同業種で、お互い漫画やゲームが好きで、メールでも話が合ったらしいよ。それで実際会った後は、ずっと彼女がリードしてたらしい。彼女からデートに誘って告白してプロポーズもして。
30越えて結婚した女子は「彼氏はオクテで受け身で、自分がリードした」というパターンがほとんど。


私もオクテで受け身だったけど「そんなこと言ってる場合じゃない!」と動けるようになりました(笑)

偉い!!男女ともにオクテで受け身だと、何も始まらないもんね。
「自分から誘うほどじゃないし…」と言う女子は多いけど「とりあえず誘う」に転換した方がいい。それで3回会ってイヤじゃなければ「試しに付き合いませんか?」と告白したらいいと思う。「試しに付き合ってうまくいかなかったら」と恐れる気持ちはわかるけど、付き合ってみないとうまくいくかなんてわからないし。


それは元彼で実感しました。付き合う前は「理想の人が現れた!」と思ったけど、付き合ううちに「この人と50年暮らすのは無理だな」とわかったので…悲しいけど、やっぱり彼は自分が一番大切なんだなって…(泣)

ケーキでも食べる?

もういいです(笑)

言っちゃ悪いけど、私は彼はウンコだと思う。

ウンコ(笑)

美味しそうなあんぱんでも、食べてみたら中身はウンコかもしれない。中身はウンコかあんこか?は付き合ってみないとわからないよね。

八つ当たりの対処法

一気にわかる!池上彰の世界情勢2018 国際紛争、一触即発編
一気にわかる!池上彰の世界情勢2018 国際紛争、一触即発編

こんなに婚活が辛いのに、既婚の友達には「高望みなんじゃないの?」と言われたりして。自分でも「なんで私は普通に結婚できないんだろう…」と比べて、ますます辛くなっちゃって。

私も「恋多き女でいいよね」「恋愛が好きなんでしょ」とか言われて「誰が好きでこんな想いしとるんじゃ!」って思った。今のKさんは満身創痍だし、何か言われて傷つくなら、距離を置いた方がいいんじゃない?

なんで結婚した途端、上から目線で「だからあなたはダメなんだ」みたいに言われるのか…友達も変わっちゃうし悲しい…(泣)

でも結婚しても変わらない子もいるでしょ?

そうなんです、変わらない子とは今も仲良くしてます。

Kさんは婚活仲間はいるの?

1人いたけど、その子は結婚が決まったんですよ。

なるほど。悩みを話して共感し合える仲間がいないのが、辛さの原因の1つかも。

そう思います。うちの姉も結婚してるんですけど、ぽろっと悩みを話したら「友達と旅行したり美容院に行ったり、私から見たらあんたはリア充だ!」とか言われて。

お姉さんは子育て中だったりするの?

はい。働きながら子育てしてて姉も大変なんですけど。

仕事と育児で大変で、身内にストレスをぶつけちゃったんだろうね。Kさんは八つ当たりされやすそうなタイプに見える。

そう!子どものいる友達のママ友の愚痴とかえんえん聞いて、私が何か意見を言うと「Kちゃんにはわかんないよ!」と逆切れされて。

相手はただ聞いてほしいだけなんだよね。私だったら「ワシはゴミ箱ちゃうぞ!」と怒るけど。

怒れないんです。

話を聞いてあげる優しいいい子だから、愚痴や八つ当たりの標的にされてしまう。

それでストレスを吸収してフラフラになるんです、どうすればいいでしょう?

怒るのが無理なら「不幸返し」はどうかしら?「私も婚活で断った男に恫喝されて胃カメラを飲んで夜も眠れなくて外出するのも怖くて…」と盛って話せば「こんな大変そうな人に愚痴吐くのやめよう」と相手も遠慮するんじゃないかな。

不幸返し(笑)。それなら私にもできるかもしれません。

不幸返しは便利だよ、私も立場的に怒れない相手にはよく使う。
たとえば「実家に帰ってないの?ご両親が可哀想」とか言われたら「母はアル中をこじらせて死んで、父は子どもに借金背負わせてトンズラしました」と返すと、相手は黙る。しかも「悪いこと言っちゃったな」と罪悪感も与えられて一石二鳥。そういう攻撃の仕方もある。


そうなんです!攻撃の仕方がわからないから、言われっ放しみたいな。「婚活どう?」と面白半分に聞いてくる人もいて「マトモな男性は滅亡したのかなって」と言ったら「池上彰はそんなこと言ってなかったよ~(笑)」とか。

池上彰の専門ちゃうしな。やっぱりKさんは婚活仲間を作った方がいいよ。

それは本当に欲しい、誰も辛さをわかってくれないのが辛い。姉も大変なのはわかるけど、結婚して子どももいて、私の欲しいものを持ってるのに「あんたはリア充だ」とか言われて。もともと仲良かったのに、婚活で姉ともこじれてしまって…(泣)

お姉さんも限界なのかも。Kさんが「仕事が大変」と漏らしても「あんたは恵まれてるじゃない!」と言われるかもね。人間それぞれ喜びと苦しみがあるけど、しんどい時は他人と比べてしまうし、隣の芝生が青く見えるから。比べてもしかたないとわかっていても、妬んだり羨んだりするよね、人間だもの。

お互いしんどい時は距離を置いた方がいいんでしょうか?

同じ立場でわかり合える人と話す方がいいと思う。私のイベントに参加してくれた読者の子達は、婚活女子会を開いてるらしいよ。

私も参加したいです!アルさんの相談会イベントに行った時、もうほんと楽しくて。しかも右も左も美人で面白くて「なんでこの人達が彼氏いなくて悩んでるの?!」って。

それは素敵な独身男子が少ないから(笑)。でも滅亡したわけじゃなく石の裏にいるので、引っくり返して見つけよう。とりあえずネット婚活の質問を送ってね。 (※こちらの質問に回答した記事は「アルテイシアの相談室」で読めます)

はい、送ります!今日はありがとうございました!

―次回は「男男した男が怖い女子」が登場します!

Text/アルテイシア


待望の電子書籍化!

恋愛デスマッチ アルテイシア 59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋
『59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋』,出版:幻冬舎

 入手困難となっていたアルテイシアさんのデビュー作が待ちに待った電子書籍化!

 TOFUFUの連載でおなじみの“59番”さんとの出会いが綴られています。

恋愛デスマッチ アルテイシア 恋愛格闘家
『恋愛格闘家』,出版:幻冬舎単行本

“59番”さんと出会う以前の恋愛経験を綴ったこちらも電子書籍化!
あわせてチェック!

姉妹サイトTOFUFUでも連載中!

アルテイシア 59番目のマリアージュ TOFUFU

 アルテイシアさんのデビュー作『59番目のプロポーズ』で結婚した“59番”さんとの結婚生活を綴ったコラム。
笑いのたえないアルテイシアさん夫婦の日常をどうぞ♪

書籍発売中!

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
『オクテ女子のための恋愛基礎講座』/著:アルテイシア/出版社:幻冬舎

新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊♪

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。
今月の特集

AMのこぼれ話