結婚できない最大の原因はコレだ!東大卒女子に婚活カウンセリング(4)

 ニコ動「アルテイシアの相談室」に相談をくれたのをキッカケに、読者のAさんの婚活カウンセリングをしてきました!

Aさん(29歳女性、メーカー勤務)
・婚活歴5年。デートした人数は48人。そのうち3人と付き合ったが、結婚に至らず。
・自称「地味な和風顔で黒髪セミロング、AneCan系の服装、おとなしくて家庭的というイメージを持たれがち」
・結婚相手に求める3条件は「心身ともに健康」「男尊女卑じゃない」「本音で話せる」。

ジャッジメンタルから祖母目線へ

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
『孫』大泉逸郎

アル:今まで話してきて、気づいた点を言うね。
Aさんは、面接官のような気持ちで男子と会ってるんじゃない?「結婚相手としてアリかナシか?」と厳しくチェックしてるから、減点法になってるんだと思う。

A:ああ…私ほんと減点法というか、面接官っぽい感じになってます。「この点をチェックしなきゃ」とか思いながら臨んでたんで。

アル:真剣に結婚を考えてるとそうなるよね。ただ、それが結婚できない原因になってしまう。 私も独身時代は「いい男がいない!」が口癖だったけど、今は「いい男は結構いる」に変わったし、おまけに今の方がモテるのよ。

A:そうなんですか!

アル:それは、自分が変わったから。独身時代の私はすごくジャッジメンタルだった。
相手を厳しく細かくチェックして、減点法で見ていた。それって相手に伝わるから、男子も緊張して委縮して「素を出せない、本音で話せない」と感じたと思う。
これって逆の立場でもそうでしょ?

A:たしかに「結婚相手として査定されてるな」と思うと、本音で話しづらいですね。 
アル:過去の私は「本音で話せる人、素でマッチングする相手に出会いたい」と望みつつ、ジャッジメンタルになることで、みずから阻害していた。
一方、今の私は結婚してるからジャッジする必要がない。すると、祖母のような目線で男子を見られるのよ。「勉強はできへんけど、ええとこあるやないの」みたいな。

A:おばあちゃん(笑)。自分の子どもじゃないから責任ないし、みたいな。

アル:「なんでこんなに可愛いのかよ~♪」みたいな(笑)

そうやって加点法で見られるから、相手もリラックスできるんだと思う。それに自分も「選ばなきゃ」ってプレッシャーがなくて、ただ楽しもうと思ってるから、相手も楽しいんじゃないかな。