• sex
  • 2015.08.02

騎乗位は体育会系女子じゃなくても楽しめる!手を繋ぐだけで二人でイキやすい動きに

愛と快感を深める体位テクニック、LOVE POSITION(体位)、略してLOVEポジ。今回は、苦手意識がある人でも気持ち良く楽しくできる「騎乗位」二人で手を繋いで安定した腰でグラインド上手になりましょう!

 彼との相性がピッタリになる!体位メソッド「LOVEポジ」
今回は、「騎乗位」にテコ入れしていきます。

騎乗位に「筋力」と「柔軟性」が大事!

OLIVIA LOVEポジ クンニ マンコ クリトリス オーガズム セックス 脚ピン イク 快感 舌
emelec

「騎乗位」は、女性が苦手意識を持ちやすい体位のひとつ。
苦手な女性からは、「疲れる」「気持ちいい動き方がわからない」「彼は寝てるだけで楽している感じがする」という声があります。

 騎乗位は「筋力」と「柔軟性」の高い女性の方が楽しめます。
体幹トレーニングやヨガでインナーマッスルが鍛えられていると、腰をグラインドさせたり、うさぎ飛びピストンが楽々できます。さらに、骨盤底筋が発達していると、中イキしやすくなるというメリットも。
「騎乗位、疲れる…」「気持ちいい動き方がわからない」という女性は、まずは基礎体力を上げることから始めてください。

 問題なのは、「彼は寝ているだけで楽している」と言っちゃう女性。
その受け身マインドを変えないと本当の意味でセックスを楽しめないかもしれません。
セックスは、二人三脚で登山をするような愛の共同作業。
二人で息を合わせて、オーガズムという山の頂を目指すわけで、「彼だけ楽している」と言うのは、「彼におんぶしてもらって山を登り、山頂で日の出を見たい!」と言っているようなものです。

「楽してズルい」とか「疲れる」と言っている時点で、快感に集中できていません。
そういう方は、騎乗位をもっと気持ちよく!楽しくするLOVEポジ「織茶臼(おりちゃうす)」をぜひ試してみてください。

騎乗位をもっと気持ちよく!楽しくする体位「織茶臼(おりちゃうす)」

「織茶臼」は、女性を織り手、男を機織り機に見立てた騎乗位の名称。
「茶臼」というのは、葉茶をひいて抹茶にするための石臼。48手用語では、腰かけた女性を「石臼」になぞらえ、女性上位の体位を指します。

 それでは、写真入りで解説していきますね。

OLIVIA LOVEポジ クンニ マンコ クリトリス オーガズム セックス 脚ピン イク 快感 舌
【織茶臼(おりちゃうす)】

【HOW TO】
 騎乗位になった状態で、二人が手を繋ぎます。
女性がグラグラとバランスを崩さないようにギュッと手を繋ぐことで、女性の上体が安定するので腰を動かしやすくなります。手を繋ぎ、目を見つめあえるので、愛を感じる体位とも言えます。

【POINT】
 腰の動かし方は、男性がイキやすい「上下」運動女性がイキやすい「前後」運動を組み合わせてみましょう。
クリトリスを男性の恥骨に擦るように前後にグラインドすると、クリトリスと膣のW刺激でイキやすくなります。

 次に、女性は繋いだ手をほどき、膝を立ててM字開脚します。
男性の腰骨に女性の両手を置いてやや前傾姿勢になったら、上下運動が楽々できるようになります。こちらは、ピストン運動でペニスを刺激できるので、男性をイカせやすくなります。

 この前後と上下のふたつを組み合わせることで、女性も男性も気持ちよさアップ!
脚への負担を省エネできるので、楽して気持ちよくなれます。
筋力に自信のない女性はぜひ試してみてください!

「愛と快感のLOVEポジ」は、毎週日曜日更新です。
次回もどうぞお楽しみに!

Text/OLIVIA

…次回は《夏祭りの後は浴衣をめくってお尻むき出しに!「半脱がせ正座バック」で大輪の花火を打ち上げよう》をお届けします。

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話