• sexPR
  • 2015.04.10

休日の朝にこそ極上のオナニーを!大和撫子の優雅な朝を実現する「iroha」

天気の良い休日は朝はゆっくり感じたい…そんなすべての女性へ、変化のない日常に贅沢な彩りを加えてくれる、極上のオナニーアイテム「iroha」をご紹介!3種類の上質なデザインの「iroha」をぜひご堪能あれ。

「春眠暁を覚えず」という言葉をご存知でしょうか?「春の眠りは実に心地が良いもので、朝になってもつい眠り込んでしまう」という意味です。
確かに、冬場の「ひぃー、寒くて眠れん!」という状況から比べると、春の睡眠は超・快適!そのため、うっかり寝過ごしてしまう人も多いでしょう。そう考えると、「春眠暁を覚えず」は、「寝過ごしたってええじゃないか!」と、私たち働く女性を甘やかしてくれる素敵な言葉と解釈できますね。
とは言え、仕事がある平日の寝坊はご法度!会社に遅刻しちゃいかんぜよ。「春眠暁を覚えず」は、休日限定で導入しましょう。

 さて、導入のお供に「iroha」はいかがでしょうか?

 イロハと言っても、カルタではございません。男性向けオナニーアイテムとして絶大な人気を誇るTENGAの女性版です。これまでのローターにはない、和菓子のように上品なデザインで、TENGA同様話題となりましたよね。
春って、桜の影響か、和菓子が似合う季節ってイメージです。オナニーにも季節感を取り入れる、風情を大事にしてこそ大和撫子!

 ここでは、お寝坊が許される休日の朝に的を絞り、贅沢オナニーの味わい方をご提案させて頂きます。よろしくお付き合いくださいませ。

『ひなざくら』
桜の花びらで優しい刺激を…

 ひとくちにirohaといっても色々ございまして、今回ご紹介するのは、ビギナー向けアイテム3点です。
トップバッターは、ベイビーピンクの色合いが乙女心をくすぐる「ひなざくら」

 なるほど、桜の花びらを思わせる形状ですね。桜の花びらで、股間のびらびらを刺激するのも一興!
「ひなざくら」に限らずですが、今回ご紹介するアイテムたちは、充電して作動させます。充電時間は約2時間。筆者は、就寝時に充電器をセットし、目覚めたときにはソッコーで使えるよう根回ししておきました。
翌朝、ベッドから手だけ伸ばし、「ひなざくら」を毛布の中に招き入れます。

「柔らかい!」

 電源を入れずとも、いちご大福のように柔らかい「ひなざくら」をニギニギするだけでも癒され、満たされた気持ちになるから不思議なものです。私たち女性は、男性の硬い陰茎を握り慣れているため、柔らかい手触りに飢えているのかもしれませんね。
硬い陰茎も良いですが、柔らかな「ひなざくら」も良いものですよ。

 ぼちぼちスイッチをオンに。振動は4段階ございます。LOWモードは、可愛らしいフォルムどおりの優しい刺激……万人ウケするであろうMIDモードを経て、HIGHモードに突入する頃には、

「デレツンなんだからぁ♪」

 とツッコミたくなるくらい、力強い振動をもたらしてくれます。
そしてトリを飾るのは、リズミカルに振動するPULSEモード。強弱はお好みでどうぞ。

 個人的には、割れた先端部分でクリトリスを挟み込むように当てるのがオススメです。オッパイが感じる人は、乳首を挟むやり方もアリでしょう!

 桜はやがて散りますが、「ひなざくら」は散ることなく、永続的に私たち女性を楽しませてくれますよ。

『はなみどり』
足ピン派にぴったり!

 次いで、「はなみどり」葉桜の季節を先取りするかのような、爽やかなグリーンが美しいアイテムです。

 ボリュームのある丸い形状なので、膣入り口を覆うようなイメージで、全体を押し付けて使うと、重量感のある刺激が味わえます。パンティの中に放り込んで、布地の上から両手で圧迫するようにして使うと、振動が股間全体に広がり、そりゃもうアッという間に昇天できちゃいます。

 AM読者の皆様には、「オナニーは足ピン派!」という人も多いかと存じますが、このスタイルは足ピンオナニーにも向いていますよ。

『ゆきだるま』
おあずけ感がたまらない!

 ベイマッ○スではございません、あくまでも「ゆきだるま」です。

「外陰部だけでなく、膣内でも感じてみたい!しかしバイブに手を出すのは時期尚早……」という段階の女性にピッタリのフォルムです。
頭部の部分が挿入できる仕組みになっています。一般的なバイブのヘッド部分に比べると、だいぶ小ぶりなので、「にゅるっ」と挿入できちゃうのです。
挿入オナニーデビューのかたは、「ひとりでできるもん」と、誇らしい気持ちになれるでしょう。
誇らしさの後は、セックス時に先っぽだけの挿入で焦らされているような、何ともいえない「おあずけ感」が興奮を煽ります。
「このまま奥まで欲しいのに……!」という向上心が湧き起こりますよ。

 目覚ましをかけないで床に就くって、社会人にとっては極上の贅沢です。その贅沢が許される休日の朝に、irohaは彩りを添えてくれるでしょう。

 夜オナとはひと味違った、朝オナならではの「けだるさ」をご堪能あれ。

<irohaの詳細「ひなざくら」 「はなみどり」 「ゆきだるま」はこちら>

TEXT/菊池美佳子

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。
菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など
遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話