• sex
  • 2014.11.21

セックス気持ちいい=幸せな人生ではない!年をとって性欲が落ちても全然大丈夫

「老いに対する恐怖からか、性欲が強くなりすぎて困っています」という質問に、奥谷さんのお答えは?セックスが気持ちよければ、人生幸せというわけではない!全女性必見のコラムです!

第54回 性欲が強くなりすぎて困っているときの対処法


 はい、今週もみんなのお悩みに答えるよ!
前回の質問「ひとりエッチやセックスでの痛みがなくなりません。不感症でしょうか?」も合わせてどうぞ。

「老いに対する恐怖からか、性欲が強くなりすぎて困っています」
(44歳女性・東京都)

奥谷まゆみ おんなのカラダ道
H o l l y.

 AMのいろいろなコラムを読み始めて、オナニーや体のトレーニングをして、とても体調がよくなっています。毎日楽しいです。
夫とのセックスもすごくいいし、満足なのですが、困ったことに性欲が強くなりすぎてしまっています。
3日に一度はしたい感じなのですが、夫は単身赴任なうえ、11歳年上のため、月に1~2回が限界です。

 自分自身の心を分析すると、あと数年で50代になってしまうので、その前の5年間でもっとセックスを楽しまなきゃ、という老いに対する恐怖みたいなものから焦っている気がします。

 特にこの数ヶ月は、自分より若い30代の男性とセックスがしたくてたまらないです。
少し前に、相手をしてくれそうな人も見つけてしまいました。
私は、ちょっと異常な性欲なのですが、欲求のままに行動してしまっていいのでしょうか。
それとも、56の夫にもっと欲求してもいいのでしょうか。


セックスができなくなる焦り、すごくわかる!


 このお悩み、わーかーるーわー!
私も、あふれる性欲にふりわされていた20代の頃、同じようなこと思ってたよ。
セックスが気持ちよくて、大好きで、こんなにしたくなってどうしよう??
今、当時の私を振り返っても、彼と別れる悲しさより、セックスができなくなることの焦りのほうが実は大きかったなって(笑)。

 男の人は、おじいさんになったらチンチン立たなくなっちゃうんでしょ?そしたら私、どうしよう???きっとずっとセックスしたいだろうし、でもダンナができなくなっちゃったらどうしよう???そのためには、60歳になっても精力ありそうな人と結婚しなきゃ!なんて思ってたよ。

年をとって、性欲がなくなるって悪いイメージばかりだけど、
全然そんなことない!


 で、その私も今年50歳になったわけだけど、どうかっていうと、これがサッパリ(笑)。
ちっともしたくない。そりゃあ当り前よね、タマゴがもうショボいんだもん。精子が必要にならないよね。
まあ排卵の頃になると、ほんのり性欲あるけど、ほんのりだからどうってことない。いやあー性欲がないって、こんなに平和なことなのねっ!って思ったよ。

 歳をとったり、生理がなくなったりって、なんだか悪いイメージばっかりだけど、全然そんなことないよ。
女性ホルモンに振り回されることもないし、とにかく心が平和。年はとってみるもんだわー。

 かといって、別に急に顔がシワくちゃになったとか、顔がおっさん化したわけでもないし、性欲ギラギラの20代の頃よりいい顔してるって、よく言われる(笑)。

性欲がすごく強くなっちゃったのは、
ニセの性欲のせい?


 私の性欲が静かになったのは、年齢的なこともあるけど、それよりも生き方を変えたことが大きく影響していると思う。
30代の後半にはもうかなりおとなしくなっていたし。

 前回のタマゴ特集でもお話したとおり、性欲には本物の性欲と、ニセの性欲があるの。
本物の性欲は排卵の頃にある性欲で、決してアソコがズキズキするような強烈な性欲ではなくて、胸がキュンキュン。
SEXしたいってよりも、人恋しい、恋したい、愛したい、そういう純愛チックな性欲なの。

 恋は、自分の中の遺伝子が出してる『この遺伝子と掛け合わせるといい遺伝子残るよ』っていうサイン。
そして受精しやすい元気な卵子を排卵するために必要な卵胞ホルモンを出してくれるのが、『胸キュン』なんだよね。

 だから、かつての私や、質問をくれた彼女のすごく強くなっちゃった性欲のウラには、ニセの性欲、つまり性欲に化けた『何か』がいるはずなの。
でも、それは体の開発をしたことで、突然その『何か』が性欲としてあらわれたんじゃなくて、今まで発散できなかったウラのエネルギーの『何か』を発散するルートとして、セックスが有効になって性欲が強くなったんだろうね。

 やりたい欲求に乗っかって、やりまくるのもアリっちゃアリなんだけど、そのニセ性欲の正体を見つけて、解放してあげたほうがラクだと思うよ。
自分の性欲は何が化けたものなのかは、「ニセ性欲の正体!本物の性欲は月に1度」をチェックしてみてね!

いろんなことから幸せや気持ちよさを感じられる人は、
セックスも気持ちいい!


 私の場合、性欲ギンギンだったころは、ほんとーに自分のことしか考えてなかった。自分磨き、自分が幸せになるにはどうしたらいいの?もっと私を見て!知って!そんな感じだった(笑)。
仕事もバリバリやってたけど、やっぱり頭の中は「私」のことばかり。

 ところが30歳を境に、今の仕事を始めるようになってから、このヒトがどうしたら元気になるだろうか?このヒトがイキイキ人生を楽しむにはどうしたらいいんだろうか?なんてことを毎日毎日ヘトヘトになるまで考えるようになった。
また、夫や子どもができて、「今日は何が食べたい気分で帰ってくるかな~?」なんてことばっかり考えていたら、ギンギンの性欲がしゅうーっと抜けちゃったの。

 私も人生を通して、かなりこだわりを持ってセックス道を極めてきたつもりだけど(笑)、今振り返ってみると、ぶっちゃけ、いっぱい気持ちいいセックスできても、そうでなくても、そんなに人生の楽しみに差はないなって思う。
いいセックス、気持ちいいセックスを追及するエネルギーをもっともっと別のところに活かせばよかったなーって。
チンチンとアソコのことばっかり考えてた、あの膨大なエネルギーを、仕事や趣味や、人生に注げばよかったなーってね。

 セックスだけじゃなく、いろんなことから楽しさや気持ちよさを感じられる人は、セックスも気持ちいい。
でもそれは、オナニーして開発して、セックスが気持ちよくなったからといって、人生もいろいろ楽しめるかというと、そうとも言えないんじゃないかな。

 みんな、もっと広く、人生を楽しもうぜー!

 急ではありますが、今回をもって奥谷まゆみさんの連載は一時休載とさせて頂きます。
今まで愛読してくださった皆さま本当にありがとうございます!
連載再開までしばらくお待ち頂けたら幸いです。


ライタープロフィール

奥谷まゆみ
体から日常の暮らしを読み解き、体の使い方を変えて不調を改善する不思議な整体「からだクリエイトきらくかん」代表。

今月の特集

AMのこぼれ話