• love
  • 2016.03.23

存在感が薄いメンノン男子に抱きしめられたい女子の心理

自分が元気をなくしているときにそばにいてほしいのは、ふだんは物足りなくもある素直さを持ったメンノン系男子だったりします。一言多い人たちと違って、単純な言葉をかけてくれる“暖かい”彼らに抱きしめられたくなる気持ちは全女子に共通じゃないでしょうか?

舘そらみ 応用のきかない恋愛論 メンノン系
©graham.james.campbell

 今、ほんのり傷ついていて、ほんのり何かがうまくいかなくて、何より体調が芳しくなくて、トータルなんだか疲れている。
だから今は、抱きしめられたいなあって思っています。

 だた抱きしめて頭を撫でられたい時って、本当にあるんですね。
なかなか勝気で落ち込んだりしても「うおおおお、飲みに行こうぜ!」のタイプの私には、珍しい感じ。

 誰に抱きしめられたいかなあ、と考えてみる。
真正面から、まっすぐ見てくれる人に、抱きしめられたいなあと思う。素直な人に、今は会いたいなあと思う。

 元気をなくしている時の人の扱いってとても難しい。
私の人生史上、最も心に残っている「元気ない時に言われた言葉」がある。

 学生の時、とてもショッキングなことがあって1人カフェで泣いてたことがあった。そのショッキングなことがあまりにも個人的なことだったから、なんだか誰にも相談しにくかった。
言ってしまうと、私が企画していた演劇公演にある役者が出れなくなった、ということで、他の人からすればなんてこと無さ過ぎて、相談できなかった。

 そんな時、ある人から電話がかかってきた。Tさんと言おう。
Tさんの電話に出ても、泣くのを止められず電話口でシャックリを上げてしまっていた。
それに対してTさんは、「どうしたー?」も「泣いてるのー?」も何も言わず、「うん、うん」と私の嗚咽に相槌を打ってくれた。
そして、嗚咽まじりでやっと私が絞り出した言葉が、「ねえT、人生ってさ、うまくいかないね」だった。
それに対してTさんが言った言葉。「なー、俺も最近それ気づいたわ」

 はい、もう歴代最高位! 完璧! 完璧!  私は、Tさんのことが、それ以降もずっと好きで、言ってしまえばもう今でも好きで、私の心の中の特等席にTさんはずっと君臨しているのでした(今はどこに居るのかも知らないけれど)。

 Tさんからの電話に出て「人生ってうまくいかないね」なんて言ったことの裏には、「よくやってるよ」って言われたいっていう心があったように思う。
でも、それ以上の答えがあるんだな、とTさんは教えてくれた。

<優しく相槌打ってくれる人に癒されるには?>

疲れてるとき傍にいてほしい男性とは

 Tさんが言ってくれた言葉は、「よくやってるよ」よりずっと、私の思いを肯定してくれる気がした。私自身の存在も、肯定してくれている気がした。
同意してくれたその一言で私は浮上したし、もっと言うと、彼のその一言は、何度もその後の私に元気くれた。

 疲れている時、そういう言葉を放てる人ってそんなに居ない。不思議なことで、同性だと結構いるんだけど、異性だとそんなに居ない。
どうにも一言多いことが多い。「好きでやってんでしょ」なんて言葉は今は勘弁してほしいし、「俺の場合はさ~」という君の話に相槌打つ元気はない。

…だから、この人たちだ。疲れてしまっている今、会いたい人。疲れてしまっている今、そばに居て欲しい人!!
それは…メンノン系!!! メンノン系とは、“メンズノンノを愛読してそうな、清潔感のあるすらっとしたおしゃれ男子”。

 メンノン君は、言ってしまえばあんまりイメージがない。存在感が薄い。でもそういう人に会いたいときもある。
悩んでいる時、ただ聞いてくれるイメージ。
そして、まっすぐ、左右対称で、正面から、程よい力加減で、抱きしめてくれるイメージ。
ちゃんと腹部から体つけて、抱きしめてくれるイメージ。

 メンノン系は、素直なことを素直にしてくれる。
それが日ごろは、物足りなくもあるけれど、素直さにすごく救われることもある。

<素直なメンノン男子に抱きしめられたい!>

素直な言葉はほんのり暖かい

 1人身近な人で、会うたびに「最近いいことあったっしょ? オーラが出てるよ」って、さも大発見をしたかのように言ってくれるおバカメンノン君が居る。おバカ丸出しの素直なその言葉だから、嬉しい。こねくり回したようなことはなにも言わずに、素直な言葉だけをくれる。それは、とても尊い。

 今、メンノン君が隣に居てくれたらなあ。メンノン君、頭撫でてくれないかなあ。
ただ隣で、眠ってくれないかなあ。私が眠るのを、見守ってくれないかなあ。

 素直な言葉は、威力はないけれど、ほんのり暖かい。
ほんのりの暖かさがほしい。


 女の子じゃダメなんだ、こういうときは。どんなに気が合っても、女の子には甘えられない部分がある。

 ただ同意して、まっすぐ抱きしめて欲しい。余裕が無いときは。
刺激も面白さも、ウィットも要らないです。素直さがほしい。
素直な人が同意して抱きしめてくれたら、ゆっくり安心して眠れるんだけどなあ。


Text/舘そらみ

ほんのり暖かいメンノン系と恋したいなら…!

Poiboy
©Poiboy

AM編集部がプロデュースした女の子のための恋愛応援アプリの「Poiboy」は、女性同士で気になる男性をオススメし合い、好みの人を見つけてコミュニケーションができるアプリです。
気になる男子をポイ(フリック)する「お気に入り登録」や、お気に入りの男子をグループ分けして楽しむ「コレクション機能」、仲良くなりたい男性とだけできる「メッセージ交換」など、恋愛に受身な女性でも気軽に楽しみながら利用することができます。
「Poiboy」はApp Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定!

ダウンロードはこちら

ライタープロフィール

舘そらみ
脚本家・俳優。1984年神奈川県生まれ、トルコ・中米育ち。映画「私たちのハァハァ」の脚本を執筆。Twitter:@_sorami

今月の特集

AMのこぼれ話