Loading...

男性のたまらない表情が間近で見れるメガネ外しはもっとするべき

世に3割いるメガネ男子と付き合ったことある?

舘そらみ 応用のきかない恋愛論 メンノン系 Peter Organisciak

 並みいる男性たちの写真を見ながら、衝撃的な事実に気付いてしまった。
私、メガネをかけている男性と付き合ったことがない…!(なんとどうでもいい気づき)。

 世の中にはこんなにもメガネをかけている男性が居るというのに、私は彼らと一回も恋愛関係に陥ったことが無いのだ。
もっと言うと、デートをしたことも無い気がしてきた。

 コンタクトレンズ男子は家ではメガネになるものの、その場合“人様に見せる用メガネ”ではなくて、“メガネについてあまり考えたことが無い、単なる視力を上げるための調整器具”の地位にメガネは落ちてしまう。
コンタクトレンズ男子としか付き合ったことの無い私にとっても、今までメガネの存在感は薄かった。

 今適当にググってみたら、「コンタクトレンズはせず、メガネだけをかけている人」は20、30代で35%だそうだ。本当にそんなに居るかしら?
そこまで居ることに少し疑いを持ちつつも、3割もの男性と恋愛をしたことないなんて、人生の楽しいことを何か逃している気がしてしまう。

 私だって、メガネ君と遊びたい。
ラーメン食べて、メガネが曇っちゃうところなんて想像するだけで萌えるし、寝起きに「メガネメガネ」なんつって近くにあるメガネを探してる彼に気づかれないように、どんどん遠くにメガネを置きたい。「いや、そこにあんじゃん。そこ! 目の前!」とか言いながら。

 メガネにハーって息吹きかけて磨くオヤジ臭い動作も、しみったれた感じがしてかわいい。その丸まった背中に飛びつきたい。
メガネ屋さんに行って、あーだこーだ試着して「どっちがいい?」なんて聞かれて、メガネにあまり関心の無い私が「どっちでもいい」とか言って、ムカつかれたい。

 あと、やっぱり、外したい。
メガネ君処女の私が何を言うって感じだけど、メガネ君の醍醐味ってやはり、メガネを外した瞬間なのではないかと思うのね。

<メガネを外された瞬間の顔が見たい!>

前後の連載記事