• love
  • 2016.01.26

渡る世間は「鬼」ばかりで当然!でも笑顔と上品さは忘れずに

2月が近づくとバレンタインを意識し始めますが、その前に自分を振り返るきっかけとしたいのが節分です。豆を投げつけられるような悪いことをやってしまっていないでしょうか?今回はわたしたちの「鬼」なところについて。鬼でいることには良いこともあるけど、加減もまた必要なのです。

鬼になるのを恐れない

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女
©learning_machine

 節分が近づいて来ましたね。
今日は鬼について色々お話してみたいと思います。
私はCampy!barで一緒に働く、ドリューさんという女装と仲が良いのですが、
いつも二人で言い合っていることがあります。

 天国に行くのは諦めた、
地獄に行く覚悟はできている。

ということです。

 四十を超えた女装同士、酷いこともたくさんしましたし、意地悪もたくさんしました。
もちろん、良いこともしてるのですが、良いことをした量が
悪いことをした量より多いかと聞かれたら、
胸を張って「はい」とは言えなさそうです。

 親も泣かせてきましたし、同級生の友達もいません。
そもそも友達が少ないので、人の結婚式にもあまり呼ばれない人生です。
応援してくださる皆様と仕事仲間、女装仲間が唯一、
私を社会に繋ぎ留めてくれるような気がします。

 そんな徳の低い私ですから、
みんなに愛されて天国に召されるなんて考えていません。
むしろ善人だけしかいないとなると、
天国ってひょっとして退屈?
くらいに考えてしまいます。

必死に生きていると鬼になる

 小さい頃は、鬼になって、みんなから愛されずに孤独に生きるなんて、
かわいそう過ぎるし、悲惨だし、哀れだと思っていました。
「渡る世間は鬼ばかり」というドラマも中年女性って鬼みたいでおっかないという
目線で見ていましたが、いざ自分が中年女装になり、
物事に対処する側になってみると、沢田雅美さんや東てる美さんが演じていた
キツい女性と変わらない対処を行っていることに気づきます。
もちろん笑顔と上品さは心がけていますが
私も既に鬼だったのです。もう何年も前から。

 でもね、鬼になってみて気がついたのです。
一生懸命生きてたら、自然と鬼になるものだと。
そして私は鬼が好きなのだと。

見回しても鬼のような女装ばかりと仲が良い私です。
このニューレディー入門も読み返してみると、
何処となく鬼女へのレッスンみたいな内容のことが多いですしね。
ふふふ。

 あと、鬼になると一般的なウケはよくありませんが、
不思議と鬼を愛してくれる人も出てくるのです。
先日亡くなった川島なお美さんも女優の鬼で、
旦那様の鎧塚さんも菓子職人の鬼でした。
そういう素敵な巡り合わせも鬼になるとあるような気がします。

見た目まで鬼になることはない

 私は鬼である自覚はしていますが、
鬼を全開にするのは性に合っていません。
ありのままの鬼なんて、ちょっと大味かなと思ってしまうのです。
見てる方もやってる方も飽きちゃいますよね。
あと、私にも虚栄心はあります。
虚栄心は大き過ぎると身を滅ぼしますが、
身の丈よりちょっと大きな虚栄心は成長を促してくれると思うのです。

ちなみに見かけも鬼というのは私にとって鬼ではありません。
それはコミュ障というのです。
(ただし先述のドリューさんは見かけも鬼っぽいのに
コミュニケーション能力があるので、例外はあります。)

豆撒きにはお気をつけあそばせ

 鬼は外、福は内なんて掛け声は
既に鬼になってしまった私には意味がよくわからない言葉です。
だって、そんなこと言ったら、自分も外に追い出されちゃうんですよ。
かと言って、豆をぶつけられるのも鬱陶しい話です。
豆くらいではダメージはありませんが、片付けたり、仕返しをするのが面倒です。

 仕返しというのがポイントですよ。
やられっぱなしだと相手が調子に乗りますからね。

私は常に仕返しを考えて、実行していたから、
イジメにあった経験がないのだと思います。

 まああ。復讐だなんて本当に鬼みたい。
でもこの世を生き抜いていくためには、
ちょっと怖いくらいの要素は必要です。
エレガンスと笑顔と合わせて、
鬼要素も大切に育てていきましょう。

ほほほ。

Text/肉乃小路ニクヨ

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

未婚の30代女子に聞く!

未婚の30代女子の読者にお答えいただきたい読者アンケートです。より楽しく役に立つサイトを目指すため、本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら