• love
  • 2015.10.03

潮吹きするほどの絶頂オナニーか、いつも通り普通のオナニーか、という究極の選択

女性用バイアグラを実際に試してみた結果、「アソコが敏感になっていて、いつもよりも感度がいい」という快感と、「オナニーで潮吹き」という貴重な経験を得られたが、その代償は意外と大きく…女性用バイアグラにご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

女性用バイアグラがもたらした快感

大泉りか 官能小説 人妻は不倫の夢を見るか バイブの日
The Raggedy-man

 海外通販で手に入れた女性用バイアグラ。副作用に少々不安を覚えつつも、夫が仕事に出た隙に飲むことにした。というのも、セックスで試すよりもオナニーのほうが、その効果を冷静に判断出来るのでは、と思ったからだ。

 ラブグラの1錠のサイズは1.5×0.8ミリほどと、錠剤としてはやや大きめ。まぁ、海外のサプリは大概に粒が大きいので、実はこちらが世界標準かもしれない。注文したサイトによると、「日本人は体格が小さいので、3分の1ほどにカットして飲むこと」と書かれていたので、小さなハサミでカットする。1シート4錠で1180円だから1錠295円で、その3分の1ということは一回98円。これで効果があったらめちゃくちゃに安い。

 水と一緒に飲み下し、服用してから効果が出るまで、30分ほどかかるというので、パソコンをいじりながら時間をつぶした。が、30分が経ったところで、特に肉体に変化はない。「もう少し待てば……」と1時間ほど待っていたが、変化はゼロ。
もともと精神的に効く――ようするにセックスがしたくて仕方なくという催淫効果――はないということは知っていたが、男性用バイアグラがペニスを勃起させるのと同じように、身体が熱くなったり、アソコが疼いたりするくらいの効果はあるのではないか、と思っていたので、少し調子抜けだ。

 ちっともセクシーな気持ちではないが仕方ない。「オナニーを試してみるか」と思って愛用の電マをパンツの上から当てたところ、これがちょっと良かった。確かにアソコが敏感になっていて、いつもよりも感度がいいのがわかる。

「あっ、これ、すぐにイっちゃうかも……」

 と思いつつも、気持ちいいので、イってしまうのが勿体ないとも思う。それくらいに気持ちいい。「ちょっとこれ、ヤバいんじゃないの?」と、ショーツの中に指先を挿し込んで確認してみたところ、電マを当ててわずか1分も経っていないというのに、結構な濡れ具合だった。

快感と引き換えに得た痛い代償

 そのまま、オナニーを続けていると5分も経たないうちに、身体がビクッとなって、無事にエクスタシーに達したのだが、その際、驚いたことには、なんと潮を吹いたこと。
ちょっと!オナニーで潮を吹いたことなんて初めてだし、そもそもわたし、潮吹き体質でもなく、片手で足りるほどしか潮吹きしたことなんてないのに……!

 というわけで、女性用バイアグラは確かに効く、ということが判明したわけだが、さて、困ったのはその後。というのも、なんだかやたらと喉が渇く。最も、喉の渇きくらいは副作用としてさして困るものでもないので、お茶をがぶがぶ飲んで誤魔化していたが、時間を置いて今度は頭痛に襲われ、しかも寝ても治らず、翌日まで続くこととなった。
これを男の友人に相談したところ、「わかります。バイアグラって血管を拡張するから、どうしても頭痛が起きやすくなるんですよ。だから、僕もバイアグラを飲む時は、一緒に頭痛薬飲んでますよ。本当は併用したら行けないんでしょうけど……」とアドバイスをくれた。

 なんだか身体へ負担が大きそうだし、そこまでしてラブグラを飲むか……というと、わたしは『飲む』ほうを選びます。それくらいには気持ちがいいですよ。

 というわけで、興味のある方はぜひ、自己責任でお試しくださいませ。

…次回は《女のときめきのツボは世界共通?映画「マジックマイク」で味わう未体験の興奮》をお届けします。

Text/大泉りか

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話