Loading...

セックス中に感じる快感の量が大幅アップ!?「女性用バイアグラ」の謎に迫る

女性用バイアグラとは

大泉りか 官能小説 人妻は不倫の夢を見るか バイブの日 martinak15

 今年の夏ごろ、新しい『女性用バイアグラ』がアメリカの米食品医薬品局(FDA)から認可されたというニュースが流れた。その時、「おおっ!試してみたい」と思うと同時に「あれ、今までにもあったような気がするけど、どう違うの?」という疑問がふと沸いた。

 もともと媚薬の類というものは、古くから出回っている。十五年以上昔にオランダ・アムステルダムのポルノショップで見つけた『エクスタシーなんちゃら』という錠剤を試したことがあるし、渋谷のアダルトショップに勤める友人から「これ、媚薬」といって、怪しげな液体をいただいて飲んだこともある。
錠剤のほうは効果があったかどうか覚えていないし、液体はやはり怪しいものだったようで、気持ちが悪くなった記憶だ。とにかく『媚薬』といってもそれはマカだとかマムシだとかスッポンだとかの強壮剤類とさして変りのない「気の持ちよう」程度の代物であるか、もしくは半年後に発売禁止になるような「たぶん本当は飲んじゃいけないもの」であると思っていた。

 しかし、20世紀末。男性のED治療薬としてバイアグラが発売されると、日本中のEDに悩む中高年男性たちが飛びついた。日本で認可されるまでに半年ほどのブランクがあったため、海外から個人輸入を試みて、高額な偽物をつかまされたり、またわざわざバイアグラを買いに行くハワイツアーなども組まれるといった狂想曲が繰り広げられることとなった。

 そして、時は流れて2015年。まわりには「バイアグラ?あぁジェネリックだけど飲んでるよ」という男性も少なくないが、「女性用バイアグラを服用することがある」という女性には会ったことがない。

 実際に流通している女性用バイアグラはどういうものなのだろうか。調べてみたところ、現時点では、バイアグラと同じ主成分を含んでいて『膣内、外陰への血流の流れを良くして、膣内に潤いを当たえ、それにより女性が性交中に感じる性的快感の量を間接的に増やす効果』というもの、もしくはカンジタ膣炎用の治療薬により、『女性器の潤いを取り戻して性交痛を解消する』というものの二種類があるようだった。

前後の連載記事