【保存版】本当はクンニされたいクンニ好き女子に朗報!女子クンニ座談会

本当は彼にクンニしてもらいたいのに、恥ずかしさから「別にしてもらわなくても…」という雰囲気を出してしまったり、実際にしてもらっても上手く集中できない! という女性は多いのではないでしょうか。

そんな「本当はクンニされたいクンニ好き女子」がより良いクンニライフを送るために、あやまんJAPANの監督あやまんさん、AV監督の真咲南朋さん、私Betsyの3人でクンニ座談会を開催しました。

クンニ座談会

【あやまん監督】
言わずと知れたエンターテイメント集団・あやまんJAPANの監督。舌が長い。

【真咲南朋さん】
元AV女優、現AV監督。監督作品にはレズビアンものや痴女ものが多い。

【Betsy】
セックスとメタルとおにぎりを愛する米食系ビッチ。好きなAVは凌辱系。

クンニ の魅力とは

――早速ですが、みなさんはクンニ好きですか? クンニの魅力などもあれば教えてください。

あやまん
私は手マンよりもクンニ派です。
Betsy
普段AMでは手マン手マン言ってるけど、私もクンニ好きですよ。粘膜に粘膜で触れる感触ってクンニでしか味わえないですよね。
真咲
私もどっちかというと手マン派ですけど、クンニも好き。優しさや愛情を感じるのもいいですよね。でもクンニしない人、多くないですか?
Betsy
しれっとクンニをとばして、少しだけ手マンして濡れてたら挿入…みたいな感じの人多いですね。実際セックスしてみたら1〜2分ちょろっと舐めて終わる、自称「自分はクンニする」男性もいます。
あやまん
クンニされないのはちょと寂しいなーって思いますね。あやまんJAPANのパフォーマンスでは結構攻めるんですけど、夜は結構大人しいんで(笑)。クンニして欲しいってあんまり言えないタイプなんです。
あやまん監督パフォーマンスは攻めだけど夜は大人しいらしい

――クンニしてくれる男性を見分ける方法はありますかね?

Betsy
ディープキスとかの粘膜接触が平気な人の方がやってくれる気はしますけど、見た目で見分けるのは難しいですよね(笑)。
あやまん
どっちかというと年齢の高い方がクンニしてくれる率も高い気がします。
真咲
歳をとった方が、自分が気持ちよくなるより女の子を気持ちよくさせたいっていう人が増えてくるんですかね。
周りにクンニ男子がいない

大事なのは自分の○○に自信を持つこと

――初めてクンニされた時のことって覚えてますか?

Betsy
やっぱり指の感触と全然違うなって思いましたね。なんだこの感触は! って。あと、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。
真咲
私はAV女優になってからが初めて。でもどう喘げばいいかわからなくて。ア?アン?って(笑) だからその時は恥ずかしいって気持ちの方が大きかったですね。
あやまん
撮影だと照明でめちゃくちゃ明るいわけですよね。私、クンニ好きだけど明るいのは本当にダメでして…。
真咲
私はAV女優時代は毛を処理してなかったけど、AV監督になってからむしろ意識が高くなって処理したんですよ。そこからは明るくても恥ずかしくなくなりましたね。やっぱり自分のおまんこに自信を持つことは大事です。
真咲監督
Betsy
私は直前にお風呂でしっかり洗えた時の方が堂々とできる。シャワー浴びない可能性があったら、寸前にトイレでデリケートゾーン用シートでさっと拭きます。あと、自分でアソコを見たことない人も多いと思うから、綺麗になったか自分で確認したらいいんじゃないかなと。
真咲
見たことないって人いる! AV女優もデビューしたてだとちゃんと洗えてない子もいて、「細かいところまでキレイにしておくのがエチケットだよ」って指導することもあります。なので、売れていけばいくほどみんなおまんこが美しくキレイになっていくんですよ。
あやまん
どうやって洗えばいいか教わらないですもんね。女性も男性の汚れが嫌だって言うし、お互いに細かいところまでキレイにするとよりガッツリと楽しめそうですね。
自分のアソコに自信を持ちたい