姫乃たまの極選AVラボ

ピンクサロンに乱交サークル、ハプニングバーってどんなとこ?めくるめくまだ知らないアングラな世界

ハプバー、ヘルス、個室ビデオ、女性専用性感エステ、乱交サークル……。ちょっと怖いけど気になっちゃうっていうAM読者の方も多いのではないでしょうか?現役地下アイドルの姫乃たまさんがオススメするのは、そういったアングラな世界へ潜入するAVです!希美まゆさん、つぼみさんと一緒に社会の裏側へ…!

 10代で初めてAVの撮影現場を取材させてもらったのですが、ネイルサロンにはまだ足を運んだことがない24歳の姫乃たまです。
ネイルサロンってどんなとこなのさ。個室ビデオって、ピンクサロンって、どんなとこなのさ! 先生、あと、乱交サークルっていうのは実在するんですか?!

 世の中には私の知らない世界がたくさんあります。AVで勉強するしかないです…(いろいろと偏りがある)。

大人の社会科見学へ、人気女優が体当たりでGO!!

姫乃たま 極選AVラボ 希美まゆ
©『突撃!単体女優希美まゆが噂の風俗店に体当たりガチ潜入リポート!箱ヘルから個室ビデオ、女性専用性感エステにハプニングバーとカラダとアソコを張りまくって潜入取材してきました!』

 久し振りにここまで露骨に眠そうな人を見ました。ぬるっとカメラの前に現われた希美まゆさんは、本当に眠そうな顔で「ねむい」と言いました。画面が100%眠い成分に包まれています。

 今日何するか聞いてますか、という問いかけに、「はい……なんでしたっけ?」と一瞬わかったふりをするので、「潜入してもらいます」と改めて説明する監督。「せんにゅう」と、復唱する彼女。しかし、「潜入して、体験してもらいます」との説明には、「それ、体験じゃん!」と突っ込んでいました。鋭い!

 そうして始まったのが、『突撃!単体女優希美まゆが噂の風俗店に体当たりガチ潜入リポート!箱ヘルから個室ビデオ、女性専用性感エステにハプニングバーとカラダとアソコを張りまくって潜入取材してきました!』です。凝った企画と、希美まゆさんのぼんやり加減のギャップが、ちょうどいい塩梅です。

 まずは、希美まゆさん曰く「男の人がひとりであれする専用のところ」こと、個室ビデオ店へ。
AVを選んでいる男性から、女の子がこんなとこ来ちゃだめだよと怒られつつ、「希美まゆとか、どうですか?」「結構面白いですよ」と、自分のAVを勧めてみる健気なまゆさん。面白い…? でもたしかにこの作品は面白いです…。

 めげずに別の男性へ、「結構真面目にやってるほうのやつです」と、他の作品を勧めていました。いま、眠そうだもんね…! でも可愛いよ!
無理やり作品を勧められた男性は、個室に戻るとオナニーを始めたので押しかけます。映像の中の人が射精させてくれるという、超ラッキースケベ! 射精を見た途端、「気持ちがいい!」と達成感に目が輝かせる姿が可愛らしいです。

 次は店舗型ヘルスに潜入。潜入というか、だから、体験入店です。店長から「そういうのベテランだよね? 笑顔で明るく」と放置されて、不安そうなまゆさん。
「下着にバスタオル巻いてって言ってたけど、最初から下着でいいんじゃない?」と監督が声をかけると、「なんか恥じらいみたいなの大事なんじゃない?」と、またも鋭い指摘を返す彼女。

 そして、女性専用オイルマッサージ(マッサージ師は男性。なぜか全裸&バイブ使用あり)を経て、最後はハプニングバーへ。妙な仮面をつけさせられたまま潜入し、お客さんに「カメラ大丈夫ですか?」と聞く真面目な一面も。
すぐ隣でカップルがセックスしている状況で、知らないおじさんから「近くで見て、どうですか?」と聞かれて、「気まずい」と答える素直さや、帰り際「なんか普通じゃない感じだから、(また来るのは)ちょっといいかなー」と呟いたまっすぐな性格に惚れました。