女性がセックスでイク方法を「その道のプロ」に聞いてみた【保存版】

女性がセックスでイクには、何をしたらいい? オナニーしすぎると本番でイケない、男性とのカラダの相性も重要、処女でもポルチオでイケる…など、セックスにまつわる都市伝説はたくさん。「その道のプロ」である関口由紀先生に、セックスでイク方法をがっつり聞いてきました。完全保存版です。

 女性のみなさん、もっとセックスでイキたいと思いませんか?

 一般的に女性は男性よりイキにくいと言われています。でも、誰も「女性がイク方法」を教えてくれませんでしたよね。マユツバ情報は信じられないから、専門的な方から話が聞きたい!

妹尾ユウカが女性がセックスでイク方法を「その道のプロ」に聞いてみたの画像
クリニックのある横浜中華街で妹尾さんと。

ということで、Twitterフォロワー5万人超えの人気コラムニスト・妹尾ユウカさんと一緒に、女性医療クリニック・LUNAグループ理事長の関口由紀先生に「イケるカラダの作り方」を伺いました。

「イキやすい女性」と「イキにくい女性」の違いって?

妹尾ユウカが女性がセックスでイク方法を「その道のプロ」に聞いてみたの画像

AM編集部:今回は株式会社TENGAさんの『女性向けデリケートゾーンソープ』の企画なんですが、デリケートゾーンつながりで「イケるアソコの作り方」をお聞きしたいと思ってます!

妹尾ユウカさん(以下、妹尾):……そもそもなんですが、そんなにイキたいものなんですかね?

AM編集部:AM読者からめちゃくちゃ質問がくるんですよ。「どうしたらイケますか?」って。特に中イキのネタは注目度高いです。

妹尾:悩んでる人多いんですね。ではまず、セックス経験が豊富でも「イキやすい女性」と「イキにくい女性」がいると思うんですが、彼女たちはなにが違うのでしょうか?

関口先生:まあすべて医学的な検証を得ているわけじゃないんだけど、一般的にはマスターベーションをしている人はイキやすいし、していない人はイキにくいよね。

妹尾:あ、そこも関係してるんですか。へー!

妹尾ユウカが女性がセックスでイク方法を「その道のプロ」に聞いてみたの画像

関口先生:マスターベーションをしている人は、自分でイケるコツがわかるわけでしょ? セルフでイケないなら、相手のいるエッチでイケないのは当然だよね。

妹尾:ちなみに、男性の場合は溜めたほうがイキやすいって言いますよね。

関口先生:まあ、一般的にはね。でも、男性もセルフでしてないとイキにくくなるよ。

妹尾:へー! でも、あまり頻繁にやるのはよくないと聞いたことがあるんですけど……。

関口先生:個人差はあるけど、男性も女性も定期的にマスターベーションをしているほうがイキやすい。それに、「やりすぎはよくない」というのも迷信。

妹尾ユウカが女性がセックスでイク方法を「その道のプロ」に聞いてみたの画像

AM編集部:よかった……!! 本当によかった。

妹尾:あと、私は体重が60キロあったときは全然イケなかったんです。体型がイキやすさに関係することはありますか?

関口先生:イケるイケないというより、肥満や痩せすぎだと性的意欲が湧かなくなる。中肉中背がいちばんいいんじゃない?

妹尾:はじめて知りました! では、年齢はどうですか?

関口先生:やっぱり経験がモノをいうので、定期的にセックスをしている人であれば、歳を重ねたほうがイキやすいことが多いよね。

妹尾ユウカが女性がセックスでイク方法を「その道のプロ」に聞いてみたの画像

AM編集部:歳を重ねるほど……。生きる希望が湧いてきた。

アソコも定期的にケアしたい