• love
  • 2014.12.28

結婚は目的じゃない!恋愛したい男性と出会えるのがネット婚活/35歳知的美女の真剣婚活レポVol.4

35歳女子の真剣婚活レポート最終回!恋愛から結婚の流れは変えない、相手に年収は求めない、子どもは相手に合わせるなど、しっかりとした意見をもつ知的美人。結婚について具体的に考えたくても考えられてない人は、ぜひ参考にしてみてください!


  婚活サイトを使う女性はイケてない? モテないから使う? ネットでの婚活にそんなイメージをお持ちの方は少なくないのでは。
でも、実際のところ、ごく普通の女性が婚活サイトを使っているんです。

 今回は2014年春からyoubrideを利用する、派遣社員として働くOさん(35歳)に密着しました。
ハッキリした目鼻立ちのOさんは、オリエンタルな魅力を漂わせる美女。海外留学経験があり、英語圏の文化に通じている一方で、「漫画を描いている」というサブカルな一面も持つ、多才な女性でもあります。

 Vol.3の男性会員とのエピソードに続き、Vol.4では自身の結婚観について、リアルな実体験を余すことなく語ってもらいました。

長く連れ添う相手だから自分好みのイケメンが理想

池田園子  ネット婚活


ーー結婚相手に一番求めるのはどのようなことでしょうか。
これまでお話を聞いていると、Oさんにとって「相手が好みの外見レベルを満たしていること」は重要な要素なのかなと感じました。

O:また阿部さんの話になってしまいますが、理想を100%近く満たす相手と出会って、たとえ少しの間でも恋が上手くいくと、そう思うようになってしまうのかもしれません。
基本的には私が人より面食いなタイプなのだとは思いますが……(笑)。
まず「男性として魅力的か」は私にとって結構大事なこと。顔と身長両方、一目見て「カッコいい」「素敵」とときめくかどうかが重要です。

ーー外見以外で求めるポイントはありますか。

O:気配りをしてくれることです。
意見を言うにせよ、一旦こちらの意見を受け止めてから「なるほど。そういう考え方もあるよね。でも、自分だったらこう思うかな」みたいに話をしてくれる人が理想です。
たとえば2人目に会った男性は、話を一方的に進めていくタイプで「ちょっと苦手だな」と感じました。

ーー自己主張が激しい人はイヤですよね。相手の結婚願望の強さは意識しますか。

O:年齢的に悠長にしている暇はないので、今すぐではなくても、いずれ結婚をしたがっている人でないと厳しいかなと思います。
「30代の女性の時間が大事なのは理解しているから、半年以内にきちんと結論を出す」と言ってくれた阿部さんのように、期限を切ってくれる男性はいいですよね。

好きになった男性との間に子どもをふたりもうけたい


ーーほかに多くの女性が気にするのは相手の年収ですが、Oさんは以前「あまり気にならない」とおっしゃっていました。それはどうしてですか。

O:東京に住むのであれば、年収400万円以上はあってほしいなと思います。
でも、万一相手が勤める会社が不安定になったり、最悪倒産したりしたときは、どうしようもないですよね。
今はよくても将来何が起きるかはわかりません。そんな理由もあって、普通に仕事に励んでいてくれれば、年収の額は問いません。
年収の高さ以上に、自分が本気で好きだと思える相手と出会いたいです。そのほうが却って上手くいくような気もします。

ーー結婚後、たとえば「ふたりだけの新婚期間を設けた後、子どもをつくりたい」といった人生計画はありますか。

O:私の35歳という年齢もあるので、すぐに産んだ方がいいかなとも思っています。
ただ、婚活前にAMH検査(卵巣年齢・卵巣予備能検査)を受けたら結果は悪くなかったので、あまり焦らなくてもいいかな、とも感じます。
なので、子どもについてはお相手次第ですね。貯金があってすぐに子どもを産んでも大変でなければそれでもいいのかなと。

ーー相手の年齢についてはいかがですか。

O:最初は気にしていませんでしたが、もし50歳の男性と結婚した場合、子どもの大学進学時には定年しているわけですよね。それはちょっと心配だなと。
また、メール交換をしていても年上すぎるとあまり話が合わないので、いろいろと考えた結果、上限を43歳にしています。

結婚はゴールじゃないから……恋愛期間を経て夫婦になりたい


ーー子どもの人数や家同士の付き合いについてビジョンはありますか。

O:これもお相手次第ですが、初婚で子どもがいない人であれば、ふたりは産みたいです。
兄弟がいると社会勉強にもなりますし。
家同士の付き合いについては、私は親戚の集まりすら苦手で疲れてしまうので、年に1度顔を見るくらいの関係が理想です。
一定の距離を保ちつつ、仲良くできたらいいなと思います。
元恋人のお母さんに気に入ってもらえなくて、若干トラウマになっているので……。できれば同居はしたくないな、とは考えていますね。

ーーこれまでに会った男性会員との間で、お互いの結婚観を共有したことはありましたか。

O:意外とそんな話は出なかったですね。ずっと趣味や仕事の話で、結婚のビジョンが出るのは交際が始まってからなのかもしれません。
とはいえ、アラサー女性は出産を考えるとリミットもありますから、相手の具体的なビジョンは気になります(笑)。
聞いてみたい気持ちは当然ありましたが、女性が迫ると男性は逃げると聞いていたので、自分からは切り出さないようにしていました。

ーー男性は結婚についてなかなか語ってくれないですよね。

O:お相手からすると私が、ビジョンを共有するほど好みではなかった、ということかもしれません。
でも、ビジョンがハッキリしている人は、最初から話してくれると思います。

ーー最後に今後の展望と意気込みをお聞かせいただきますか。

O:婚活といっても「恋愛→結婚」のプロセスを経たいと思っています。
自分なりの心がけとして「この人は条件がいいから」とか「結婚しなきゃ」という気持ちで結婚することだけは絶対にしないと決めているのです。
そんな結婚をするくらいなら独り身でいるか、恋人の状態で仲良くするほうがいいと思うので……。

 結婚はゴールではなくてスタートなので、それ自体を目的にしたくないのです。
だから出会ってドキドキするかどうかはもちろん、自分が好みでも相手が明らかに自分に興味がなさそうな時は、引き際を心得るのも大事なのかなと。
まずは恋に落ちる男性と出会えるよう、引き続き活動を続けていきたいと思います。

ーーありがとうございました。

Text/池田園子
協力/youbride

youbrideとは

youbride

youbrideは結婚したい本気の男女が集まる結婚紹介サイトです。
年間2000組がyoubrideで出会い、結婚しています。
運営実績15年、会員数日本最大級の結婚・婚活サイトで、会員登録無料です。
30代を中心に全国の様々な地域と職業の男女が多数登録しています。
他の「出会い系サイト」や「出会い系アプリ」とは異なり、本気で結婚したい、結婚・再婚を前提とした恋人が欲しいと願う男女が集まる結婚紹介サイトです。また、「結婚相談所」や「お見合い」よりもずっとリーズナブルにご利用いただけます。真面目に人生のパートナー、恋人を選ぶ新たな手段として、ご利用ください。

関連キーワード

ライタープロフィール

池田園子
86年生まれのライター/編集者。女性を勇気づけることが目標。

今月の特集

AMのこぼれ話