• love
  • 2013.11.07

自分に自信がないから嫉妬する女はウザい

嫉妬する女の子たち…

恋愛 コラム AM ファーレンハイト 嫉妬 彼氏 女友達
© by Rachel.Adams

 さぁ、今日も身を粉にして本当の恋愛の話をしようか。テーマは嫉妬心だ。

 男目線で女の子の振る舞いを見ていると「あっ、これ嫉妬心だ」というシーンを見かけることがある。

 たとえば合コンで自分以外の女の子がチヤホヤされてるとき。
明らかに不機嫌そうな顔をしてふてくされる子がいる。
マジで可愛くない子だなーって思うし、そもそも大人としての基本がなってないと思う。
その場だけでも感じ良くしようと思わないのかしら。そんなに自分が主役になりたいか?

 彼氏が自分以外の女の子と仲良くしている。
「良いけどさー」とか言いながら一緒にいるときに面白くなさそうな態度を取る。
彼氏としての信用あるなしに関わらず結局はそれじゃないですか。
付き合ってたらお前以外の女の子と絶交しなくちゃいかんのか!って男は思ってますよ。
マジでただの友だちなんだから気持ちよく遊ばせてくれよ。

 何かと要領が良くて可愛がられるタイプの女の子が周りにいるとき。
自分こんなに頑張ってるのに誰も見てくれてないって思ってませんか?
たぶんそのモヤモヤした気持ち、顔に出ちゃってると思います。
ストレートに申し上げますと、まぎれもなくブス顔です。

 ダメ押しに女の子が繰り出す必殺技のセリフあるじゃないですか?

他者の評価で自分の価値を揺らがされるバカバカしさ

『でも』ってセリフ。

「たしかにカワイイよね〜。『でも』男に態度変えすぎだし!」
「胸おっきくてうらやましいよね〜!『でも』ちょいポチャだよね(笑)」


 これは女の人に特徴的な嫉妬表現のノリだなーって思う。
男はわりと認めたら素直に認めるし、気に食わない人がいても、ディスるよりも話題自体に挙げない選択肢を取ることが多いように思う。(もちろん男も嫉妬する生き物だけど)

 俺は女とか男とか関係なく、人間だったら"嫉妬"という感情は避けられないものだと思う。
自分がその場で主役になりたい気持ち、いちばん大事に思われたい気持ち、不安になりたくない気持ち、仕事で認められたい気持ち、すべて当たり前にある欲求じゃないですか。

 ただ、そういったネガティブな感情って「自己評価を他人に委ねていること」が原因じゃないか?と警鐘したいんです。

 チヤホヤされないってことは自分は可愛くないんじゃないか?
他の女友達と遊んでも良いと思うくらいにどうでもいい存在なのかな?
私って仕事で必要のない存在なのかな?

 そんな風に自分の価値や存在意義を他人の評価に委ねているから不安になるんだと思う。

「自分がどういう人間でありたいか」
「自分のスタンスとして、どういう振る舞いができればベストか」という根本的な軸。


 これが定まっていないから不安が嫉妬という形で顔を出すんじゃないかな。
自分のなかにきっちりと軸が定まっていれば、ツマラナイ出来事にいちいち振り回されたりはしないでしょう。

嫉妬の感情は外にまき散らすものじゃない

 とはいえ、嫉妬は避けられない感情だと俺は思います。

 人間だからまわりからの評価はすごく気になるし、承認欲求だってあるに決まってる。
たとえば自分が嫌いな人が上手くいってたとして。
「失敗しちゃえば良いのに」って気持ちがないと言ったら嘘じゃないですか。正直、俺は素直に応援できないよ。

 ひとつの方向性として、嫉妬のエネルギーは自分の内側に向けるものだと思う。
陳腐な表現を使うなら成長のバネにする。
あのドロドロモヤモヤした感情をくすぶったり、他者をこき下ろすために使うんじゃなくて、自分を成長させていくポジティブな要素としてさ。

 俺の持論だけど、上手いことやってる人はそれを裏付ける良さがやっぱりあるんですよ。
最初に挙げた例で言えば、チヤホヤされる女の子は男を楽しませるノリを抑えてたり、女友達は彼女には言えないグチを言える存在だったり、要領のいい子は自分本位じゃなくてまわりから求められる動き方をしていたり。

 彼女たちの「何が良い部分なのか」を素直に認めて(これが一番むずかしい)、そこを素直に吸収しようとする気持ちをまずは持ってみる。
自分に足りないものに気づくことができれば、そのあとの動き方だってきっと変わってくるじゃないですか。
(単純に自分が鼻持ちならない奴の長所をパクっちゃうってけっこう快感だったりしますよ。)

 人は人、自分は自分。きっとこの言葉の意味のひとつはこれなんだと思います。
結局は自分自身がどうあるか、どうあろうとするかでしかないんじゃないでしょうか。

 すごくコントロールの難しい感情で、たぶん一生付き合わざるをえない感情だと思うけど、そうやって「本当に素敵な自分」になろうとし続ける姿勢を持っている人、それが綺麗な女性なんだと思います。

ブログで「あとがき」やってます

AMでコラムが掲載された数日内に、あとがき・こぼれたエピソード的な記事をブログで書いてます。よろしければ。

Text/ファーレンハイト

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

桐谷ヨウ
脱力系ヤリチン、週末コラムニスト。恋愛コラムで一躍人気ブロガーに。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら