• love
  • 2013.11.05

間接的に家に誘う、傷つけずに断る…大人の恋愛マナー/はあちゅうの女の本音

大人の恋愛マナー

はあちゅう 恋愛 コラム 毒吐き AM
©by Nicole April

 大人の恋愛にはマナーってもんがあると思う。
関係が終わっても、露骨によそよそしくしないで、
何事も無かったかのように接することが大人の対応だし、
「今からキスしていいですか」って聞かなくても、
雰囲気でチュってするのが大人のキスだし、
早い話が恋愛でも空気を読むってことはとても大事なわけですよ。

 そして、一番「大人力」が試されるのが
「今夜どう?」のシーンだと思うのですが、
この場合、「相手に言い訳や逃げ道を与える誘い方」と、
「相手のプライドを傷つけない、恥をかかせない断り方」って、
どちらもとっても大事ですよね。

 某年上男性から
「僕はビールも生。肉も生。そんなわけで、今度生でしない?」というメールが来たときは
びっくりしすぎて携帯を思わず落としましたが、
(「そんなわけで」がここまで成立しない文章を初めて見た)
露骨かつ唐突すぎる誘い方はダメ絶対です。

 その男性は、私の友達にも
「君、彼氏以外としないの?固いな~固いのはオレの下半身だけでいいんだよ☆」という
伝説的なメールを送り、女子会の格好のネタになっていました。おっさん、乙。
直接的すぎる誘いは、相手が同じテンションでない限り、避けるのが無難です。

 人それぞれのキャラと好みと事情があると思いますが
「この後家で飲み直さない?」とか
漫画とか本を貸すフリをして
「間接的に密室へ誘う」のは安定の成功率。(王道ですね!)

「キルフェボンのケーキがあるんだけど、食べきれないから来ない?」とか
美味しいもので誘い出す男子の例も私の周りでは多数報告されています。

「家引っ越したから見においで」
「うちの犬、ちょー可愛いよ」などなど
インテリア、ペットで誘い出す例もありますね。
いずれにせよ、密室に誘う方法は、
相手も言い訳を考えやすいから、正しい方法だと思うんですよ。
キルフェボン戦略には「甘いもの、ダイエット中だから控えてて」とか言っておけばいいし、
「行きたいけどもうすぐ終電だから」とかって交通手段のせいにする手もあるし。

 どっちも傷つかなければ、変なわだかまりも残らず、
友達モードにすんなり戻れて、めでたしめでたしです。

 最後に、最近聞いて、一番天才だと思った断り方の話を。

 知り合いが、出張先のホテルで、酔っ払って目が覚めたら
上司(男)がズボンを脱いで
自分(男)の(男)に、まさに上司の(男)をインサートしようとしている瞬間だったらしいです。

 彼がとっさに叫んだ第一声は
「ぶ…部長!社内恋愛はいけないっす!!」

 それを聞いた上司は「そうだな」とズボンを上げ始めたそうです。
何それwwwww
(…聞いた時、悪いけど超笑った。)

 問題点をずらし、相手のプライドを守る断り方は、
自分の身を守るという一例でした。


▼週末作家・はあちゅうとライフスタイルプロデューサー・村上萌が主宰する 日本最大の有料サロン「ちゅうもえサロン」にあなたも入りませんか?  サロンでは、2人がブログやツイッターなど 表向けにはなかなか書けないことを書いています。たまにオフ会も実施中。
詳細はコチラ↓
ちゅうもえの楽屋へいらっしゃい♪


Text/伊藤春香(はあちゅう)


■その他のはあちゅうの問題作

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

はあちゅう(伊藤春香)
ブロガー、作家、ソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」代表

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら