果たせなかった約束の行きつく先/はあちゅうの女の本音

「今度はアノお店に行こう!」…そう言ったっきりになってしまった元カレとの約束。そんなお店に友人やイマ彼とやってきた時、AM読者の皆さんは何を思いますか?今回は「終わった恋愛」は実はまだ続いているというお話です。過去の恋愛、自分のものになっていますか?

果たせなかった約束の行きつく先

はあちゅう 恋愛 コラム 約束
©kaizen.nguyễn

 iphoneの未読通知の赤いポチが嫌いです。
終わっていないことがある状態だと、
心にひっかかって気持ち悪い。

 そんな私だから、
仕事だけでなく、プライベートでも
「やろう」と約束していたことが果たせなかったりすると
なんだか悔しい。

 あの映画観に行こうねって言ってて公開が終わっちゃったとか、
ここのレストラン絶対次来ようって言ってるのが
のびのびになったり。
果たした約束よりも、果たせなかった約束のほうが、
心の面積をとっている気がします。

 まぁでも、友達や家族との約束は、
関係が続く限り、
いつかの未来で果たせる希望がありますよね。

 でも、果たせない約束は、
ずっとそこに居座り続ける。

元彼との約束がまさにそれです。

 未消化リストは、
普段は隠れていてもふとした瞬間に
心の中に浮かび上がってきたりします。

 私の場合は、よく恋人と
一緒に行きたいお店のリストや
やりたいことのリストをつくるので、
数年後には、未精算分のツケを払うことになる。

 別の人とそのお店や場所に足を運んで
「あー、そういえばここは、
あの人と来るはずだった場所…」
と勝手に切なくなるんです。

 元彼を取り残して、
一人だけで約束を果たしちゃった気分。