Loading...

まるで魂の融合…!わたしが「最高のセックス」を手に入れるまで

こんにちは、ワイルドワン広報部のYukaです。
前回は「前立腺と私」について書かせて頂きましたが、今回は「最高のセックスと私」についてです。

「最高のセックス」を手に入れるまで

最高のセックスを思い出す女性の画像 Jernej Graj

バイブバーでお客さんとおしゃべりしていると、今まで一番良かったセックスは……? なんて質問を受けます。きっと年のせい? キャラのせい?? 経験が多そうに見えるんでしょう。

私がいつも答えるのは「8年間付き合った彼とのセックスがやっぱり最高だった」です。
しかし、この彼と体の相性が最高に良かったのかと言いますと「NO」です。
なぜなら、最初の頃は「普通のセックス」だったからです。良くも悪くもなく1回目をこなしたという感じです。

付き合いが浅い頃は、互いの気持ちと性感帯の探り合いをしました。相手の反応を見て「こうしてあげると反応が良いから気持ちいのかな」とか思ったりして、徐々に彼の性感帯について情報が集まっていく感じです。
慣れてきて様々な体位をいろいろ試しているうちに、お互いにとっての定番の気持ち良いベストなパターンができて、付き合いが1年も過ぎれば、お互いの性感帯もわかって何となくルーティーンが出来上がってきます。
付き合いが長くなり、すっかり打ち解けてくる頃が肝心で、ここで身だしなみを雑にしてはいけません。マンネリを感じ始めるときこそ、お肌の質感・髪の質感・清潔感に手を抜かないほうが良いと思う。これは男性にも言えることです。

自分を磨きとは、自分を大切にしてあげて、自分を愛することだと思うんです。自分に手をかけた分自信も付くし、自分が愛せるようになって初めて、人も愛せるようになるんだと思います。

若い女性から話を聞いていると、とっても素敵な子で、美しかったり可愛かったりするのに自分のことを好きになれていない女の子が多い気がします。だから男に流されてしまったり、言いなりになってしまったり。
だから、ご自愛ください! 自分を愛してあげて! と思います。

前後の連載記事