• sex
  • 2017.01.16

キャバクラが消滅しない理由は男の習性!実現可能なセックスのおねだりをしよう

「彼氏改造計画」を実行する女心が先週のテーマでしたが、今週のテーマは、改造をおとなしく受け入れる男心。菊池さんの分析によると、それはキャバクラが消滅しない理由と密接な関係があるそうです。男性が喜ぶ実行可能なおねだりを習得して、AM読者のみなさんも充実したセックスライフをお過ごしください!

菊池美佳子 ファッション 彼氏 ダサい 改善 おしゃれ キャバクラ オナ禁
by aliceabc0

 先週、婦女子向け読み物では「彼氏改造計画」をちょくちょく目にするが、男性向け読み物に「カノジョ改造計画」が載っているのは見たことがないと書きました。先週の筆者は、相手を変えようとする女心にばかり気をとられていたのですが、校了時に担当編集のI嬢がボソッとひと言……。
「なぜ男性はおとなしく改造されてくれるのでしょう?」
あ、そっち!? ……盲点でした。というわけで今週は、先週の続編です。カノジョ側の改造計画をおとなしく受け入れる男心に着目したいと思います。よろしくお付き合いくださいませ。

なぜ男性は改造されるのか?

 先週の記事には、「『カノジョのダサい私服をなんとかする方法』とか『フェラチオ下手なカノジョをピンサロ嬢レベルまで鍛える7つのメソッド』など銘打った企画が、男性向けメディアに掲載されていたら、大半の女性がブチ切れるであろう」と書きました。案の定、担当編集のI嬢も「彼氏に「服がダサい』って言われたらキレます」とのこと。これって要するに、「おとなしく改造されてたまるか!」ってことですよね。

 一方で男性は、「こういう服が似合うわよ」を、おとなしく受け入れます。セックス版でいうと、「淡泊な彼氏を野獣に豹変させる3つのメソッド」「早漏彼氏のチ○ポを鍛える5つのメソッド」などの婦女子向け読み物に則った行為を、おとなしく受け入れます。なぜでしょうか?

 こんな俗説を聞いたことがあります。なぜ世の中からキャバクラが消滅しないのか……それは男性が「実現可能な『おねだり』をされることで喜ぶ生き物だから」なんですって。ポイントは、「実現可能な」って部分にあるのでしょう。かぐや姫のように、「龍の首の珠を奪って来い!」とか「燕の産んだ子安貝を盗って来い!」など、実現不可能なおねだりじゃダメなのです。キャバクラでいえば、「8万円のドンペリ入れてほしいな」ではなく、「5000円の眞露を入れてほしいな♪」程度のおねだり(余談ですが、18年前に筆者が勤務していたキャバクラでの価格です)。

男性が喜ぶおねだり例

 この記事は、AMのSEXカテゴリに掲載される宿命(!?)を背負っておりますゆえ、セックスシーンにおける、「男性が喜ぶ実現可能なおねだり」を模索していきましょう。まずはなんといっても、オナ禁でしょうね。「次に会うときまで、いっぱい溜めておいてね♪」というおねだりは、「濃度120%のカルピスミルクを求められている俺!」と、喜ばしい気分になるのでしょう。

「○○君のオナニーを見てみたい♪」も、男心を刺激するおねだりの1つです。オナニーを見せることは、「普段はこんなふうにシゴいております」というプロモーションになります。男性にとっては、「今後の前戯において、手コキの参考材料にしてくれるであろう」と、カノジョの学習能力に対する期待値が高まるのです。

 それから、「お姫様抱っこ」「駅弁ファック」。一般的なイメージでは、体重40kg台の婦女子だけに許された行為ですよね。なおかつ相手男性は、180cmを超える巨漢である必要があると。確かにそのほうがラクチンなのでしょうけど、女性側が50kgオーバーでも、また相手男性が160センチ台でも、意外になんとかなるものです。

 筆者自身も、現在より10kg肥えていた時代に、ほとんど背丈の変わらない男性から、何度となく「お姫様抱っこ」「駅弁ファック」を提案されたことがありました。「俺ってけっこう力持ちなんだぜ」とアピールしたかったのでしょうね。

 逆から言うと、「お姫様抱っこ」「駅弁ファック」をおねだりすることは、「○○君は力持ちだと信じていますよ」「160cm台の○○君を、チビなどと思っていませんよ」というメッセージになるのです。

 結論! 婦女子側の改造計画をおとなしく受け入れてくれる男性のため、ときには「喜ぶおねだり」で男心をくすぐりましょう。

Text/菊池美佳子

次回は <求められないのもグイグイこられるのもイヤ!自分のタイミングでセックスする方法>です。
「ムズキュン男子」。逃げ恥の平匡さんを演じた星野源さんを筆頭に、高杉真宙さんなど、恋愛に奥手かつ不器用なのにキュンキュンさせてくれる男性が最近のトレンドですね!でも、あまりに手を出してこないのも考えもの。「グイグイ男子」との中間はいないものか……今回は、丁度いいタイミングでセックスする方法についてです!

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など
今月の特集

AMのこぼれ話