早漏くんでも中イキできる!クールダウンを挟んで持続力アップの体位

 彼との相性がピッタリになる!体位メソッド「LOVEポジ」
読者の方からリクエストのあったお悩み解消の体位メソッドをご紹介します。
今回のお悩みは、「早漏気味の彼をどうにかしたい!」です。

彼が早漏気味だったら、持続力がアップする体位を試してみましょう!

OLIVIA LOVEポジ クンニ マンコ クリトリス オーガズム セックス 脚ピン イク 快感 舌
Abraham Gómez

 膣内で早く射精してしまう「早漏」ですが、その定義は、実は曖昧。
日本では、「3こすり半」「1~3分」位と言われていますが、アメリカでは、何らかの治療が必要な早漏の定義は「3分」とされています。
医学的な数値はおいておき、「女性の満足度」に注目してみましょう。

 挿入でオーガズムを得る「中イキ」は、ある程度のピストン刺激が必要です。
正直なところ、「3分以内」で射精してしまうと、多くの女性は中イキしづらい。
そうなると、「中イキしたい!」「彼と同時にイキたい!」という女性はフラストレーションがたまり、ついつい「前の彼氏はこんなんじゃなかったのに…」とか他の男性とのセックスを思い出してしまいます。

 しかし、「彼は、そういう体質だから仕方ない…」と諦めるのはまだ早い!
もし、彼が「挿入後は、正常位の高速ピストンで3分」という状態なのであれば、改善の余地があります。
男性の「挿入」⇒「ピストン」⇒「ゴールに向かってダッシュ」という射精パターンをリセットして持続力がアップするLOVEポジに切り替えると、グン!と長持ちするんです。

イキやすい体位「前傾姿勢の正常位」をできるだけ後回しに

 ポイントは、挿入時の体勢。
男性が最もスピーディーに射精できる体位といえば「前傾姿勢の正常位」です。
100M走のクラウチングスタートのような前傾姿勢は、交感神経が優位になる姿勢と言われ、さらに男性が腰を動かしやすいので、ペニスへの刺激が強まります。

 彼を長持ちさせたい時には、この「前傾姿勢の正常位」をできるだけ後回しにしましょう。
もし、いつもの調子でピストン運動が始まってしまった場合は、今回ご紹介する長持ち体位「背筋伸ばし深呼吸正常位」を間に挟んでみてください。