親しいからって恋人同士である必要はない

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をご紹介!トロントに暮らすゲイのキャシーさんのセックスや恋愛に関するコラムです!今回は「恋人と友達」について。AM読者のみなさんはSNSにupした写真が原因で「恋人が出来た」と周囲に勘違いされたことはありませんか?

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させて頂けることになりました!
今回は、キャシーさんの「セックス・アンド・ザ・キャシー」の記事です。

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
キャシー

 友達はとても困っていた。デートに誘った相手に誰かと既に付き合っていると思われて、フラれそうになっているのだ。何を言っても独身だと信じてもらえないのは、どうやら私のせいらしい。
正確に言えば、ふざけてアップロードした私たちのイチャイチャ写真が原因だ。そのおかげで、みんなから恋人ができたと誤解されたようである。それだけならまだしも、せっかく出会ったデート相手にも逃げられそうになっている。ただの写真でここまで被害が広がるなんて思ってもみなかった。ぜひ友達には素敵なデートを楽しんでほしい。仕方ないので、私たちがただの友達でしかないと立証できるような証拠を探すことになった。

 友達という存在は不思議なものである。一口に友達と言っても、様々なカテゴリーが存在する。どんなことも相談できちゃう親友。いつの間にか大出世して違う世界に住む同級生。いつまでも成長しない幼馴染。実はそんなに仲良くない知り合い。家族のようなルームメイト。敵対しているのになぜか大親友のふりをするフレネミー。ムラムラした日に嬉しいセックスフレンド。誰を友達と呼ぶのかは人それぞれ。元恋人との友情を認めるかどうかなんて意見が分かれるところだ。その区切りは曖昧で、実は形のないあやふやなもの。しかし、そこにルールを設けたい人もいる。

「男女間に友情は成立しない」

 こんな主張を聞いたことがある人は多いだろう。ゲイの自分からすれば、ストレートの男女間に友情が成立しないなら、ゲイの間にも友情は存在しないのかとつい考えてしまう。もちろん、友情は成立する。人間関係の可能性をなめてはいけない。それにも関わらず、どうして人間関係はこうも白黒ハッキリと分けられてしまうのだろうか。
今は別々の都市に住んでいるが、数年前まで毎日にように顔を合わせていた友達がいた。お互い独身だったから時間を持て余していたのかもしれない。仕事が終われば一緒に晩ご飯を食べに行った。そんな友情を不思議に思う人はたくさんいた。