激しいベロチューはもうNG!体がとけあうキスは口を「ハム」に

Betsy 素敵ビッチ
Ricard Aparicio


 皆様、2014年のセックス初めはもうすませましたか?
私はまだで、焦らし中です(笑)。
そろそろ我慢しすぎて体が震えてきたので、このコラムが更新される頃には無事にすませられるといいのですが…。

 さて、毎回気まぐれな内容でお届けしております〝素敵ビッチのたのしい性活″。
今年に入って2回目という中途半端なタイミングですが、今回は初心に返り「キス」をテーマにお届けします。

 キスがうまい日本人男性って少なすぎると思いませんか?
とろけるようなキスができる人に出逢うのは、18センチ超の巨根に遭遇するより難しいと思います(Betsy調べ)。

 その理由一つは、キスが軽視されすぎていることだと思います。
特に10代や20代前半男子の頭の中は合体と発射でいっぱい!キスして~オッパイ揉んで~乳首ぺろぺろして~パンツ脱がせて~という工程はとっとと済ませたいわけですね。
だから、キスは『これからセックスしますよ?』という意思確認的な役割になってしまっていて、キスの時間が短くなりがちなんです。残念!