Loading...

二人暮らしで一戸建てローンはどうかしていたが良かったことがある「夫婦と憂鬱」

今回のテーマは「夫婦と憂鬱」である。

今年になってコロナウィルスが問題になってからというもの、どう見ても世の中の雰囲気は暗くなっている。

その影響は当然家庭にも出ており、コロナの影響で以前より家の中に憂鬱な空気が蔓延しだした、という声も良く聞くし「コロナ離婚」なる今年の流行語候補も爆誕した。

ただし、コロナさんからすれば「俺ら病気にする以外は何もしてねえし、あとは全部お前らの自滅じゃねえか」という言いがかりでしかないのかもしれない。

確かに嫁がコロナにNTRされた、というなら「コロナ離婚」と言っても良いだろう。

話は変わるが「NTR(寝取られ)」もの創作では、妻がチャラ男に寝取られ、清楚だった妻のAGDPビデオレターが送られてくるというのがテンプレである。

AGDPというのはもちろん「アヘ顔ダブルピース」のことである、知らなければ笑われるレベルの知識なので胸か机に彫刻刀で彫っておこう。

このNTRビデオレターというのは、寝取られた側に精神的ダメージ、もしくは大興奮を与えるのに最適なアイテムであるが、不倫で裁判をしたい人間にとっては喉から手が出るほど欲しい物的証拠なのである。

さらに「こんなものを送りつけられて精神的苦痛を与えられた」という証拠にもなり慰謝料はマシマシだ。

チャラ男さんは嫁を寝取ることで優位な立場になったと思っていらっしゃるようだが、法律的には圧倒的に相手の方が上だということを理解してから行動した方が良い。

人妻は狙わない、NTRビデオレターを作成するにしても自分の顔は映らないようにする、個人が特定されないように自宅では撮影しない、というのがデキるチャラ男さん仕草である。

何の話をしていたのか忘れるレベルで話がそれてしまったが「コロナ離婚」というのは本当にコロナのせいなのだろうか。

コロナの影響で仕事がなくなるなど、経済的に苦しくなることにより、夫婦仲が悪くなり離婚に至った、というのであれば、コロナの影響と言えなくはない。

しかし、コロナの影響で、外出自粛を余儀なくされ、家の中でずっと一緒にいるという状態に苛立ちが募って離婚、というのであれば、コロナに関係なく、すでに長時間一緒にいることが耐えられない関係になっていた、ということである。

ただコロナ以前は、外で時間を潰すなど極力一緒にいないようにしてやり過ごすことができたが、外出自粛でそれすら出来なくなってしまったのだ。

つまり「コロナ離婚」というよりは、既に時間の問題だった夫婦が「コロナが決定打で離婚」というケースも多かったのではないかと思う。

実際外出自粛で全ての夫婦が不仲になったと言うわけではなく、むしろ仲が良くなったという意見もある。

前後の連載記事