「ありのまま」は不幸の始まり…変わるつもりがない12歳年上の彼/肉乃小路ニクヨ

変わるつもりのない彼

12歳年上の彼と3年半、遠距離恋愛をしています。付き合った当時から喧嘩が多く、一度別れて復縁しました。彼には離婚歴もあります。そんな不安要素もありながら、彼の向上心や人柄に強く惹かれてお付き合いしてきました。
喧嘩では彼の何気ないひと言に私が怒ることがほとんどで、私のコンプレックスや2人の関係性についての発言がきっかけです。彼は「悪気はないから謝らない。一度離婚しているし、もう自分を変えたくない。このままの俺を受け入れて」と言います。そのため、私が穏やかでいられる方法を模索し、彼を受け入れる形で乗り越えてきました。もちろん一緒にいて幸せな時間は喧嘩の何倍もあるのです。
そんな彼から先日プロポーズを受け、私も前向きに結婚を考えていました。ですが、今でも喧嘩はなくなりません。私さえ穏やかでいれば問題ないはず…ですが、私にも言われたくないことはあります。「傷ついた」と伝えても、「俺はこういう人間だから」の一点張りで謝るどころか私の態度を指摘され、更なる喧嘩に。彼に変わるつもりがないので、一緒にいるためには私が変わるしかないようです。
彼が自分を省みない人だから離婚したのでは? と思う一方で、感情を抑えられない私が幼稚なだけなのか…もう何が正しいかわからなくなってしまいました。どうすれば今より良い関係が築けますか? 今後、私が彼に合わせ続けてもいずれ上手くいかなくなるのでしょうか。(24歳・女性)

「ありのまま」は不幸のはじまり

私がこの連載でも何度か指摘している「ありのままの私を受け入れろ症候群」の彼氏を持ったあなた。自分を省みないで「ありのままの私」を要求する人間には必ず人間関係の破綻が訪れます。気を付けてください。

24歳と36歳の年の差カップルの場合、普通は年上が年の功で年下を包み込むような関係を想定しますが、あなた達のところは逆ですね。離婚をいけないことだとは思いませんが、一人暮らしや一人の期間が長いと、わがままになる人が多いです。かくいう私もけっこうわがままですが、そんな自分のわがままを受け入れることを他人に強要するほど図々しくはありません。

前後の連載記事