人の好きなものを否定する彼。リスペクトのない相手と未来を考える方法はあるか

人の好きなものを否定するカレ

3年ほど付き合っている3つ歳上の彼のイヤなところが、最近目に付くようになりました。彼は、私がなにか意見や好きなものの話をするとき、否定することが多いんです。興味ないという反応ではなく、はっきり嫌いだ、くだらないと言います。私も否定されて腹立つほど何かにどハマりするタイプではないので、話題を変えるくらいで気に留めておらず、3年経って今さら気が付いてしまいました…。
私は、自分と違う意見や知らない話を聞くのが好きです。なので、彼が自分の認めたもの以外を受け入れない頑なな姿勢に気が付き、びっくりしてしまいました。もちろんその意思の強さは、彼の仕事での評価に反映されていそうだし、説得力のある話し方も尊敬しています。ただの欠点として直してほしいとまでは思っていません。それにダメなところの一つや二つあると思うのですが、これって見過ごしていい問題なのだろうかと不安になってしまいました。そして何より、私は腹立ちはしないものの、否定された後に素直に楽しめていない自分に気付いてしまいました。好きな気持ちは変わらないけれど、何となく彼に気を遣ってしまいます。少し時間が経てばこの気持ちもおさまると思うものの、でもこれって将来、もっと大きな問題になるのでは…? 性格なんて変えられないだろうし、そもそも付き合い続けるべきではない…? ともやもやしています。ぜひ、ご意見聞かせてください。(27歳・女性)

性格の違いではなく リスペクトの有無

相談文を読むと「寛容」なあなたが「不寛容」な彼との性格の違いに気付いて、この先問題が起こるかもしれない、付き合い続けるべき? ということでしょうか。結論としては恋愛において○○すべきというのはなく、人それぞれなので、あなたの気持ちを最優先してあげてとしか言えません。あと、意地悪かもしれませんが、性格が似ていてもこの先問題が起こらないということはありません。性格が違っていても、お互いにリスペクトがあればうまくいくケースも多いです。あなたが不満なのは彼の性格ではなく、彼があなたをリスペクトしていないということに尽きるのではないでしょうか。

3歳年上の彼は、あなたのことを妹や後輩に接するような感じなのかもしれませんね。あなたもそんなお兄ちゃんや先輩みたいな彼氏が好きで、上から目線というのもすんなり受け入れてきたのではないでしょうか。ところが3年の間にあなたも社会に揉まれて、大人になって、自分の考えやスタイルが確立されてきたのだと思います。だけど、彼は出会った頃と同じように、あなたの好きなものをずけずけと批判してきます。あなたはそれが、段々と面白く無くなってきた。あなたは思うのです「私に対するリスペクトが無いのか」と。

前後の連載記事