Loading...

彼に「タバコをやめて」と言われたけど、モヤモヤします

仕事に真面目な女性の画像 Антон Воробьев

彼にタバコをやめてと言われた

彼氏に「タバコをやめてほしい」と言われました。彼の気持ちはわかりますが、どうしてもモヤってしてしまう現状についてご相談させていただきたく存じます。 つい最近1年以上お付き合いした彼氏と同棲を始めました。タバコを吸うと言ってはいませんでしたが、その時期は飲み会でたまに吸う程度で、あまり吸っていなかったこともあり、特に隠していたつもりはありませんでした。
実は1度、同棲前の付き合って半年ごろ、家にタバコがあるのが見つかってしまい、その時は彼に「吸ってたの?」「やめないと別れる」などと怒られたことがあります。(部屋の掃除をしてそのまま見えるとこに置いてしまいました)その時は、目の前で吸ったりヘビースモーカーでもないのに「いくら付き合ってるとはいえなんでそんなこと言われないといけないんだ」という気持ちでいっぱいになり、喧嘩し、結局「やめる」とも言わないまま、うやむやになりました。
ですが最近はストレスで仕事中も少し吸うようになりました。また、新型肺炎の影響で在宅勤務中ということもあり、軽い気持ちでベランダで吸ってしまい、バレて怒られました。今でも正直「他人にやめろと言われる筋合いはない」という気持ちはあるものの、結婚前提に同棲している今、より健康問題は互いにとって重要であり、彼の気持ちはわからなくもありません。 非喫煙者からすると「やめちまえ」のひと言で済むお話だと思うのでお恥ずかしい限りなのですが、私的には正直タバコ云々というより、有無を言わさずに相手に「やめろ」と言うことにモヤっとしているのだと思います。また、彼も真面目で無茶をしがちなタイプで、睡眠導入剤を度々飲んだり、胃腸炎なのに病院に行かなかったりしているので、「あなたに言われたくない」という反抗心のような気持ちもあります。確かにバレるように吸ってしまったことには非があるとは思いますが、ニクヨさんはどうお考えでしょうか。(29歳・女性)

私のタバコへの考え

喫煙者にとってかなり厳しい状況が来ていますね。私自身は喫煙者でないため、あまり気持ちがわからないのが正直ところですが、周りの友人や父や祖父母も吸っていたのでタバコには慣れています。

タバコに関しての辛い思い出を上げるとすると、お店に入り始めた頃、タバコの煙がたくさんある中で普通にカラオケを歌ってしまい、喉の調子を悪くしたことくらいでしょうか。 その事象も営業中にたくさん飴をなめながら歌うという自衛手段を覚えてからは解消したので、 今となっては良い思い出です。

個人的には喫煙者には寛容でありたいと思っています。確かに子どものそばや食事を楽しんでいる最中に吸うというのは、子どもの健康や料理の味や香りが損なわれるのでいかがなものかと思いますが、大人が集まっている場所で分煙をしている分にはあまり問題がないように思います。気にする人の近くで吸うのは良くないことだとは思いますけどね。

と、一般的なタバコに対する私の見解を述べたところで、あなたの相談に答えましょうか。

前後の連載記事