セクハラを流して大人の対応ができる女はイイ女だという呪い

セクハラされる/流せる自分が好きだった

人に言えなさそうな女
by Zulmaury Saavedra

 性犯罪・セクハラの被害を全く受けずに大人になれる女の子が、いったいどれほどいるのだろう。
わたしは中学・高校と電車通学ではなかったため、電車内で痴漢に遭ったことは一度しかない。その代わり、セクハラを受けることは多い人生だった。

 わたしが初めて、これがセクハラだと思った体験は、中学3年生の頃。相手は同級生の男子。スクールカーストトップに君臨するAくんだった。下着の色やサイズを聞かれたり、偶然を装って胸を触られたり、性的なからかいを受けていた。

 はじめは驚いたし、動揺した。だけど、彼の機嫌を損ねたくなくて、常に明るいリアクションを返していた。彼の前で怒ったり泣いたり、ましてや先生に言いつけるなんて選択肢はなかった。あの頃、教室はほとんど世界そのもので、Aくんはその世界を支配する力を持っていた。彼の機嫌を損ねていじめのターゲットになるクラスメイトを見てきたから、自分がそうなるのが怖かったのだ。

 最初は何かされる度にトイレで泣いていた。だけど、数ヶ月もすれば麻痺してきて、何も感じなくなっていた。正直に言えば、セクハラを受けるのは『女としてアリ』だからだ、と妙な自信さえ持っていたように思う。「触んなよ、ブス!」と罵られるよりよっぽどマシだと。

 おそらくAくんに、わたしを傷つけている自覚はそれほどなかったんだろう。単純なふざけ合いの一環。だけどわたしにとっては、その後の考え方を大きく変える出来事となった。