• love
  • 2017.05.01

中居くんが好きすぎて辛い。国民的アイドルに片想い中のうら若き女子の話。

アイドルに本気で恋をし、勉強もなかなか手につかない恋する受験生の女子高生。テレビの中から、ステージの上から出てこないと嘆くなら、”現実的に”どうやったらアイドルと出会えるのか考えてみては?大人気、海坂さんの恋愛相談。今回も思わず「なるほど!」とうなずいてしまう目から鱗の回答、必見です!

好きな芸能人を訊かれたら…


 聡明で麗しいAM読者の皆さま、相談者さま、こんにちは。
好みのタイプの芸能人を訊かれた際、新進気鋭の若手俳優や今をときめくミュージシャンではなく、決まってお笑い芸人の名前を挙げてしまいます。海坂侑です。
なぜなら、俳優やミュージシャンにはどうやってもお近づきになれなそうだし、超絶美人な女優やモデルがガッチリ周りを固めていそうなのに対して、芸人は夜の新宿や大阪は道頓堀などの繁華街を歩けばわりと遭遇できるし、一般人との恋愛やワンナイトラブを取り沙汰されるケースも多い。運が良ければ出会う機会もありそうで、がんばれば人気に浮かれて甘くなっている脇に潜り込める隙もありそう。
つまり、ぶっちゃけワンチャンありそうだからです。

 もちろん、飲み会での気軽な話題のひとつに過ぎないくだらない質問にそこまで考える必要がないのは重々承知しています。でもここで、「長谷川博己もいいけど竹野内豊かな~。あっでも高橋一生も好き♡」などとひと晩の過ちどころか一瞬の会話すらも到底叶うことのない夢物語を酔っぱらったアラサーである自分が身の程知らずに発言する、その無様さを客観的に想像すると、どうしても少しは実現可能性のある回答をしてしまいたくなるのです。

 ちなみに、じゃあお笑い芸人の中で誰が好きなのかというと、ネプチューンの原田泰造か麒麟の川島明です。
「原田泰造だろうが麒麟川島だろうが実現可能性はないだろ」ってそれは言うな!! 川島ならいけないこともないだろ。

 そんな倒錯しきったアブない私が僭越ながらお答えする恋愛相談。今回は、芸能人どころか日本のトップアイドルに恋をしてしまった、うら若き女子高生がクライアントです。二次元のキャラクターとの恋に身を捧げてしまう人も多い昨今、まだ現実的とも思えますが進むべき道のりは確かに見えません。勇気をもってまいりましょう。“絶対に解決しない”恋愛相談室、気分浮き立つゴールデンウィーク直前号です。

中居さんが好き

 私は17歳の現役女子高生なのですがお付き合いしたことも、性経験もありません。好きな人がいたことはあったのですが、ここ3年くらい好きな人がいません。
こんな私ですが、実は中居正広さんがすごく好きです。好きになったのは2014年頃なのですが今も変わらず大好きです。この好きは恥ずかしながら恋愛感情もあります。
彼を好きになってから周りの男がどうも嫌になってしまい彼以外見えません。彼氏が欲しいと思うことはたまにありますが、なんでもかんでも中居正広と比較してしまうので本当に自分の気持ち悪さに吐き気がします。本当に中居さんとお付き合いしたいと思っていますができるわけがありません。四六時中彼のことを考えてしまい、受験生なのにろくに勉強もできていません。よろしければご意見お聞かせください。(まりあんぬ・17歳・女)

高嶺の花に恋する利点

 芸能人や二次元のキャラクター、謂わば仮想世界の人々に恋をする。
不毛なようでいて、いいことはたくさんあります。例えば街中や劇場、あるいはインターネットの海の中で、簡単に彼の笑顔や活躍している姿を見られること。とびきり魅力的な仕草や、彼が放ったチャーミングなセリフを、何度も再生して眺めていられること。『このひと月を生き抜けば、来月はコンサートに行ける』『落ち込んでしまったときは、この曲を聴いて元気を出そう』と思う度に、彼が常に隣に寄り添って、励ましてくれているように感じられます。
ケンカもしなくて済むし、文春砲が轟かない限りヘタにヤキモチを焼かなくて済みます。オナラをしたとか、デートで死ぬほどダサい服を着てきたとか、一緒に入った店で店員さんに横柄な振る舞いをしたとか、些細な理由で幻滅することもありません。

 一般人と付き合うと、なかなかこうはいきません。可愛いくてたまらない表情もカッコよくて惚れ直してしまったひと言も、何度も見せられるとさすがに飽きてきます。最初はカンペキに思えても、デートを重ねればお互いにアラだって見えてきます。相手にも生活がありますから連絡も思うようにつかないし、デートもファッションも将来も、こちらの思い通りにしてくれるとは限りません。私が体調を崩したり、何かに追われて疲れ切っていたりするときにすかさず寄り添ってくれるわけでもなく、彼は彼で他のことに夢中だったり、なんか知らんけどイライラしていたりして、互いに想い合っているはずがすれ違うことも日常茶飯事です。
……と、こうしてみると現実の恋愛で疲弊している私の不満を並べ立てたような感じになりましたがそれは一旦置いておきましょう。

中居くんが魅力的に見える根本的理由

 芸能人やアイドルなどのスターが、そこらに転がってる一般人男性よりも魅力的に見えてしまうのは、全くもって当然のことです。
なぜなら芸能人やアイドルなどのスターは唯一無二の魅力と存在感がある人達だから……というだけではなく、ファンに好かれること、ファンの期待にこたえ続けること、ファンを喜ばせることが他ならぬ“仕事”だからです。

 芸能人のイメージや人柄なんて所詮は虚構! などと乱暴なことを言うつもりはありません。彼らが世に生み出す素晴らしい作品やキャラクターそのもの、それを受けた多くの人が抱く感動は、その人にしかもたらしえない成果であり、魅力に他なりません。


 ただ、芸能人だって人間です。カメラが回っていなくてファンの目も届かないところでは、カッコ悪い瞬間もあるしオナラもするし、身勝手な振る舞いをする場面もたぶんあります。もし付き合えたとしたらケンカもするし、幻滅もするでしょう。中居くんなんてまりあんぬさんとは27歳差ですから、思った以上に猛スピードで老けていく姿を目の当たりにするかもしれません。
それは誰と恋愛したって同じこと。同じクラスのガキっぽくてバカな男子や、何が楽しくて生きてるか分からない学校の先生や、なんか汚くてクサいお父さんと中居くんはみんな同じ、人間の男性なのです。

 恋愛とは、相手のそういった不都合な部分も受け入れられるほど愛すること、あるいは不都合な部分が目に入らないほど恋い慕うことです。その人すべてを自分のものにしたいと願うものです。みんな軽々しくやっているようでいて、実はなかなか大それた所業なのです。
恋を諦めろと言うつもりはありません。ただ、他の男性すべてを切り捨ててしまうほど、他の何も手につかなくなってしまうほどその恋に溺れるのはやや早計だということです。メディアで知ることができる面以外にも、中居くんという人物そのものを知ってからでも遅くはないということを、覚えておいてもらいたいのです。

 対象が何であれ、それがどんな種類の感情であれ、胸を焦がすほど夢中になれる何かを得られるということは、尊いことです。それによってクソみたいな日常も、彩りあるものにガラリと変貌します。生きる理由や目的が明確になり、自分という存在がより強固なものになります。
3年もその気持ちを一生懸命、抱き続けたまりあんぬさんはすでに素晴らしい資産を手にしているのです。

やってみましょう“お近づきになる努力”

 芸能人だから見ているしかない。叶う可能性がこれっぽっちもない。と諦めてしまえるのは、あくまでも三寸先の未来も見えない酔いどれアラサーの私の場合であり、その点17歳女子高生、果てが遠くて見えないほど可能性が無限に広がるまりあんぬさんとでは全く状況が違ってきます。

 もっと彼のことを知りたい、彼に近づきたいと本気で思うのであれば、その努力をしてみない理由はありません。
ではいったい、どういう努力ができるでしょうか。

 お金を貯めてグッズをたくさん買うとか、コンサートで少しでも目に留まるように派手なウチワをこしらえるとかのことを言っているのではありません。四六時中彼のことを考え続けることでも、もちろんありません。
彼を愛して自分を満足させる努力ではなく、彼に近づいて片思いを叶えるための努力について、まりあんぬさんは考えてみたこと、ありますか?

 例えば、株式会社ジャニーズ事務所に社員として入社するには、どういう方法があるか知っていますか? 中居くんが出演する番組をつくるテレビ局や制作会社に入社するにはどういった大学を出ると有利なのでしょうか? 彼との関係が最近騒がれているお相手は某女子アナウンサーだそうですが、じゃあ女子アナウンサーになるにはどんな困難をクリアすればいいのでしょうか? いっそのこと、揺るがぬ美貌や個性を身に着けて、まりあんぬさんご自身が芸能界デビューを目指すのはいかがですか?

 冗談を言っているのではありません。上に挙げたすべて、今からまりあんぬさんが努力すれば、決して不可能ではないことばかりです。相手と同じ、あるいは近い世界の一員となることで距離を近づけるというのは、正々堂々正面突破、超王道攻略法のひとつです。
読売ジャイアンツの選手は日テレの女子アナと熱愛するし、女優はテレビ局のプロデューサーと結婚するし、ユーチューバーはユーチューバー同士で遊び散らかすのです。

 恋をし続けるも諦めるも正解はないけれど、『四六時中彼のことを考えてしまい、受験生なのにろくに勉強もできていない』という状況だけは大間違いです。彼のことを想うからこそ、今この瞬間の全てをかけて将来のために勉強してください。
四六時中抱えられる恋愛のエネルギーをどうぞ受験勉強に向けてください。有名な大学に入って、事務所でもテレビ局でも出版社でも、マスコミ業界に入ってください。ついでにルックスも磨いてミスコンに出場して、読モ経験を経て女子アナになってください。
可能性は無限にあるし、道はいろいろあるし、まりあんぬさんはまだ若い。どんな努力もできるんです。

 もちろんその過程のどこかで、まりあんぬさんご自身が挫折してしまって別の道を歩むことになる場合もあるでしょう。中居くんが先にどこぞの誰かとゴールインしてしまい、恋が破れる可能性もあるでしょう。
でも、それまで歩んできた道のりがムダになることはありません。中居くんには敵わないけれど、妥協できる程度には素敵な男性と恋に落ちるかもしれません。もしかしたら、見事に中居くんのいる世界に近づけたからこそ中居くんの新たな一面に触れて恋が冷め、男を見る目が上がるかもしれません。

 魅力的な中居くんを追いかけて奮闘する中で身につけた力は、いつしかまりあんぬさんご自身の魅力となるでしょう。あとは運とタイミング次第で、魅力的な女性となったまりあんぬさんと中居くんが運命的な出会いをすることだって十分にありえます。
たとえ両想いは難しかったとしても、ワンチャンはいけるんじゃないかな……。最後まで酔っ払いのアラサーが何か言ってますね。

 恋心を本物と思うのならば、中居くんのためにまりあんぬさんご自身のために、どうぞ今の時間を大切になさってください。

 この連載では、引き続き皆様からの恋愛相談をお待ちしています。

 恋愛で成長しようとか、互いに高め合える関係だとか、そういったものを私は露ほどもいいと思っていません。むしろクソ食らえとすら思っています。
けれど好いた人に近づくための努力や、振り向いてもらうための奮闘はムダじゃない。恋愛で成長できるとすれば、切実な片思いにこそ伸びしろはあるのではないでしょうか。苦くしんどい、だけど楽しい片思いの妙はそこにあると、もう何年も頑張れていない私は思います。
またお会いしましょう!

皆さまからの恋愛相談を募集しています

どうぞお気軽にコチラから相談をお寄せください

Text/海坂侑

次回は<ベッドへの誘い方は分かるけど、デートの誘い方が分からない24歳女性の話。>です。
今まで男性とはベッドの中、一晩限りだけの付き合いが多くて、いわゆる‟普通の恋愛”をしてこなかった相談者の女性。やっと付き合いたい男性ができ片思いをしますが、‟普通”の距離の保ち方もわからない。‟普通の恋愛”ってなんだろう?海坂さん、いつも核心をついた案をご提案していて、なるほどが止まりません!

ライタープロフィール

海坂侑
平成生まれの独身アラサー。都内IT企業を退職し、日々ボンヤリしています。
今月の特集

AMのこぼれ話