チャンスは自分で作るもの!2つの注意点を抑えて華麗に媚を売ろう

媚を売って何が悪い

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 Yuliya Libkina

 女という字に眉と書いて媚(こび)と読む。
おそらく昔、男性の権力者にサービスを提供していた女性達が
化粧で眉を整えて気を引いている姿を見て、
汚いおっさんがやっかみ半分で作った字だと思います。
あいつらあんな感じで女を使って権力者の気を引きやがってという男目線を
いつも私はこの字から感じてしまいます。
そして世間一般でも、媚を売ることは良くないことの典型のように言われます。
でも私は思うのです。媚を売って何が悪いのかと。

ニューレディーも媚を売る

 私はもはや男を使っているのか、女を使っているのか、
自分でもよくわかりませんが、人の気を引いて、
楽しませてお金をいただいています。
女装自体は今年で20年目ですが、
女装での接客業を本格的に始めてから、まだ3年しかたっていません。
実際にやってみると本当に頭脳労働でした。
よく、キャバ嬢やホステスさんのことをお酒飲んで気楽な仕事だな
とバカにする街の声を聞きますが、それを聞くたび、
言ってる方が本当にバカだなって思います。
その一杯、その一本を気持ちよく使っていただくのに、
たくさんしなければならないことがあるのです。
バカな人は自然淘汰されていく仕事でもあるのです。