「ブス」という言葉を使うとき

この2回のブス呼ばわりから学んだのは、人は自分にやましいことがあるとき、相手を黙らせるために、攻撃として「ブス」という言葉を使うんだなってことです。それを知ってからは、人からブスと言われても、さして気にせずに生きてきたのですが、さすがに大人になってからは、表立ってブスと言われること自体ほとんどなくなりました。

しかし、ずいぶんと久しぶりに、また「ブス」と言われる機会がありました。発言の主は、わたしのパートナーに振られた女性。ツイッターでわたしのことを指して「ブス」と呟いていました。

八つ当たりで「ブス」って言葉を吐いていることがわかるので、まったく傷つくことはありません。しかし嫌なのは、そんな言葉を使う相手を見下してしまうことです。どんな相手であっても、本来は見下すことはしたくない。なのに、ブスと言われた瞬間にどうしても見下してしまう。

けれども、ブスと口にする側だって、ブスだと思っている相手に見下されたくはないですよね。というわけで、「ブス」って言葉は言う人も言われる人も幸せにならないのだから、撲滅させていこうじゃないの。わたしも陰口を叩くときに、人のことを「ブス」って言ってしまうこともあったけど、もう「ブス」って言葉は使いません。

Text/大泉りか

次回は<年末の旅行は沖縄へ!宿泊先は激安ゲストハウスがおすすめ……?>です。
沖縄旅行といえば夏のイメージがありますが、冬の寒さから逃げる旅行もおすすめ。宿泊は、ゲストハウスだったら1泊2,500円のところも!大泉りかさんは「おかず交換会」付きのところに泊まったそうですが……?

前後の連載記事