Loading...

年末の旅行は沖縄へ!宿泊先は激安ゲストハウスがおすすめ……?

旅の楽しみは人それぞれ

沖縄の空とシーサーの画像 ぱくたそ

年末の旅行シーズン、国内外、どこかへ出かける予定の入っている方もいらっしゃるかと思います。しかし、ひとくちに「旅」といっても、そのスタイルや楽しみ方って、ホントに人それぞれだなって思います。

我が夫は、どこの国に行ってもショッピングモールに行きたがるのですが、その中にDVD屋を見つけると、大喜びで棚を漁りにかかります。ある時、やたらと品揃えのいいDVD屋を見つけたことがあって、「これはちょっと時間がかかりそうだ」と踏んだわたしは「ほかの店を見てくるね」と別行動を提案。30分かそこら経って戻ったところ、解散した棚の前から、夫がわずか3メートルほどしか移動していなくて絶望したことがあります。全部見終わるのに何時間かかるの。

モールならば、わたしもいくらでも時間が潰せるからまだいいのです。困るのは、旅先に着いてから、旅の楽しみ方の方向性が根本的に違うことが明らかになった場合です。

以前、とある女友達とハワイに行く機会がありました。しかし、友人はすべての食事をホテルのダイニングで取りたい派、わたしは現地の人が利用するような、庶民的な食堂を好む派。もちろん現地で険悪な雰囲気になり、2日目以降は別行動となった苦い思い出があります。

今年の締めくくりは沖縄旅行

今年は、ウラジオストクに始まり、台湾、香港、中国、軽井沢、那須、大阪、湯河原と、1歳児の子持ちにしては、なかなか旅したほうだと思います。シメは、11月末から12月頭にかけて女友達と行った沖縄でした。

産前は、「よく女旅に出掛けていたけれど、さすがに子どもが生まれてしまって、しばらくはお預け。息子が小学生か中学生になったら復活できるかしら……」なんて考えていたのに、なんとわずか2年足らずでまた一緒に旅することができるだなんて。子連れのわたしと、変わらずに旅行してくれる女友達には、本当に感謝しかありません。

さて、3泊4日の沖縄旅行の2日目に泊まった、ゲストハウスでの出来事です。

前後の連載記事