Loading...

雑魚モテを卒業しようとした私の「とりあえずセックスする」作戦は大成功

 先週は、「アホな女のふりをする」というモテテクだと、本当のわたしを見てもらうことができず『ミッション:インポッシブル』の話すらできない、という話をしました。今週は、そんな若いころの私が、次に「とりあえずセックスする」という戦略を選んだ話です。

私は本当にモテたいのか?

タンクトップとショートパンツの女性があぐらをかいている画像 Igor Starkov

 以前、神奈川で同棲していた恋人は、20代の頃、よくモテていたそうです。背が高くて顔も男前で、バンドマン。おまけに彼の職業は「船乗り」。船乗りが一般的なモテ属性かはわかりませんが、少なくとも肉体派を好む女性にとっては、消防士・自衛隊員と並んで「カッコイイ!」とキュンする職業ではないかと思います。

 というわけで、「俺、昔はけっこうモテて」と言われても「でしょうね」と納得していました。そんな彼が、ある時こんなことを言ってました。

「みんな『モテたい』とかよくいうけど、勘違いしてるっていうか、『モテたい』とか言いながら、ただ単に恋人が欲しいだけだったりするよな

「じゃあ、モテってなに?」と尋ねたところ、「俺の話で悪いけど……」とこんな返事が返ってきました。

「前に船でパーティーがあった時に、同僚の女性に『踊ってくれません?』って誘われて『いいですけど』ってOKしたんだ。そこから『えっ、ずるい!わたしも!』『その次はわたしでお願いします!』って女の子たちが次々に近寄ってきた時は、モテてるって思った」

 うん、モテてる!まるでスターのよう。

 自分に置き換えてみると、どうでしょう。男性たちが「君と踊りたい」とわらわら寄ってくる状況……たしかに、一生に一度くらいは経験してみたい気はします。なんだかウケるし。紅白歌合戦の坂本冬美を見て「こんなに男性をはべらかせて、羨ましい……」と心底思ったこともあるから、こういうチヤホヤ願望は確実にある。

 けれど、一番望んでいることはこれかと問われると、それはまったく違う。アホのふりしてモテを手に入れて、学んだ教訓です。わたしは誰彼かまわずモテたいわけじゃない。

 わたしがもっと望んでいたのは、まず、興味を持った男性との関係です。なかでも「『ミッション:インポッシブル』について語り合えること」(もちろん、『ミッション:インポッシブル』はあくまでも比喩であって、ようするに「互いの価値観を交換するコミュニケーション」です)。そして、「気持ちのいいセックスすること」。このふたつでした。

前後の連載記事