「ノーブラの生徒がいて集中できない」!?好きな服を着るために闘った高校時代

ポニーテール禁止、ブラジャー禁止という校則に非難轟々の昨今。私服登校で校則のゆるかった大泉りかさんも、90年代半ばのコギャルブーム全盛期に、自分の好きな服を着るべく親や学校と闘った過去があったそうです。

服装の規定がゆるかった高校時代

カラーランを楽しむ2人の女性のサムネイル画像
by xusenru

 出産を期に、なにが一番変わったかといえば、服装です。これまで夏ともなればショートパンツにタンクトップだったり、ノースリーブのロングワンピースで涼やかに過ごしていたのですが、なんとなく今年は着る気になれない。
いや、着たい気持ちはあるんです。けれども、保育園に息子を迎えにいくことを考えると、ついフルレングスのデニムに無難なカットソーをチョイスしてしまう。悪目立ちをしたくないというだけで服を選んでいるんですが、本当に楽しくないんですよね。もちろん、「ステキなママ服」というものもあるので、そういったものを身に着ければいいんですが、でも、趣味じゃない。だって、わたしは、夏は肌を出したいんです。昔から。

 わたしが通っていた高校は、制服のない私服校でした。ゆえに校則も緩く、服装の規定は、「校章をつけること」と「校内では、学年ごとに決められた色の上履きを履くこと」の2つだけでした。しかし、校章を付けている生徒は皆無。上履きだけは、ほぼ全校生徒が履いていましたが、指定のものよりも安い真っ白な靴を、指定色のペンで塗ったものを履いていても注意されない、非常にゆるい校風だったのです。

 時代は90年代半ば、コギャルブームの真っ最中です。TRF、安室奈美恵といったコムロファミリーや、雑誌『FINE』などの影響をバリバリに受けまくっていたわたしの私服は、親や教師たちが期待する「学生らしさ」からはかけ離れたものだったと思います。
特に夏は、キャミソールワンピースや背中が半分以上開いたカットソーなど、ケバい上に露出が多い服を好んで身に着けていたので、それをよく思っていなかった母親からは、毎日小言を受ける日々。それでも、気にも留めずにご機嫌で、日々好きな恰好をして学校へと通っていたのでした。

 もちろん学校側も、そういった服装の女生徒に対してウエルカムなムードではありませんでした。けれども校則違反ではないために「そんな恰好をして」と女教師から軽く注意を受ける程度で、具体的に何か指導を受けることもなく、野放しにされていたのです。しかし、ある日をキッカケにして、わたしの服装の自由は奪われることになります。