不倫願望は言えても実体験はタブー!隠れ不倫妻は孤独

不倫している人妻は孤独

大泉りか 官能小説 人妻は不倫の夢を見るか dleeII

 妻同士で集まると、自然と夫の愚痴になる。
「家事を手伝ってくれない」「子育てが他人事」「だらしがない」「頼りにならない」あげく「性格が合わない」「セックスが合わない」と、思わず「なんで結婚したの?」と尋ねてしまいたくなるような悪口のオンパレードだ。

  しかし、そうやって夫を誹りまくりつつも、多くの人妻は、自分の浮気の話となると基本的には、口を閉ざす。

 女同士の絆は、夫婦間の結びつきはまた別である。
女友達とは、どこまでいってもそれぞれ別個の存在であるが、しかし夫婦となると一つの単位になる。
だからだろうか、「これって誰にもナイショね」と念を押して、ある女性に打ち明けたことが、その女性の配偶者にも、こっそりと伝わってしまっていることは、非常によくある。

 もちろん、関係性の程度にもよるし、また、病気や不妊といった、ナイーブかつ深刻で男性に話すのに適さない話であれば、黙っていることもあるが、しかし「わたしにベラベラと話すことならば、そんなに秘密でもないんじゃないの?」と思われる程度の関係性で「これ、誰にも秘密にして欲しいんだけど、実は最近、浮気して……」などとベラベラと話せば、その相手の女性が自宅に帰ったのち、ベラベラと自分の配偶者に話す、ということは当然の成り行きだ。

 だから、不倫をしている人妻というのは基本的に孤独だ。
恋をしていればその惚気を語りたいし、胸に満ちている歓びを誰かに伝えたい。
相手とセックスだけの関係であってさえ「自分はまだ男性に求められるのだ」ということを誰かに知らしめたいってことだってある。しかし、誰にも話すことが出来ない。

前後の連載記事