宅飲みして隣のふとんを確保すれば相手の気持ちはわかる/下田美咲×暇な女子大生和やか恋愛相談(2)

自著出版を記念した下田美咲さんと暇な女子大生さんとの対談第二回。今回はセックスしたい男性と実際に行為に持ち込むための具体的な方法論をお届け。宅飲みのシチュエーションを作れる関係性ならボーダーラインを探りつつ性行為に挑めるという下田さん、実は手まではつないでいる暇な女子大生さん。この先のステップに進むには?

 前回、AMでのはあちゅうさんとの対談の際、赤裸々な恋愛トークがヤバいとアクセスが殺到した下田美咲さんと、「暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ」 が話題沸騰中の覆面ブロガーの暇な女子大生さんが、愛やら性やらについて、真剣対談!

放送禁止ギリギリのきわどさで、女の本音を語り合います。

前編はこちら→ヤリたいけど付き合いたくない男

相手の本音を探るには宅飲み→隣の布団を確保

下田美咲 暇な女子大生 恋愛 対談 相談

暇な女子大生さん(以下暇女):じゃあ、この先、私、どうすれば一番いいのかなあ。

下田美咲さん(以下美咲):宅飲みでしょ! 宅飲み!
まず、自分の家でも友達の家でもいいけれど、家で飲んで、そのまま隣で寝るような機会を作って。同じ布団を確保できたら、さらにベター。
それが一番距離を埋められるし、リスクがなくていい。
なんとなく近寄っていく空気を作れば、相手に拒絶感があるかどうか、絶対わかるから。
相手も同じ気持ちかどうかというのは、布団の中で、わりと正確に調査できるよ。

暇女:それが、もし、下田さんの仕事の関係者だったとしてもやります?

美咲:
私、元々人のうちに泊まることがよくあるから、結果同じ布団に入ることはよくあるんだけど、全然やる

暇女:仕事の関係の人も?

美咲:
全然大丈夫。それで関係が壊れることなんて、ない。
布団の中だったら、お互いに接吻したいって思っていたら、絶対わかるから。
そのときは距離をつめて接吻しちゃえばいいだけ。
もしその気配がなかったら、その時点で引っ込めば大丈夫。
取り返しがつくラインの探り合いみたいなものがあって、手をつなぐ程度だったら後戻りできるし、変な空気にもならないし、その後話題にもならないから。

暇女:手はつなぎましたね。

美咲:え、もう? どういう感じで?

暇女:飲み会で。なんか、イチャイチャする流れで。

美咲:それ、全指からませるやつ? コレ? この恋人つなぎ? それもう、絶対大丈夫じゃない?

暇女:えー、でも、向こうは娘とか妹みたいな感じで見ているんだと思うんです。

美咲:いや、それはないよ。この恋人つなぎ、お父さんとやってみなよ、超気持ち悪いから。弟とだってできないよ。このつなぎ方は。

暇女:でも手をつないでイチャイチャがあった後、次に会ったときに、少し距離おかれたんですよね。
って、これ、公開されたら、本人に絶対バレますね(笑)

美咲:うん。バレるよね(笑)。でも、そうやって、間接的に伝えるという手もあるよね。
恋愛は、全メディアを使ったほうがいいと思うよ。
私も今まで、そうしてきているし、結構成功してきてる。