アルテイシアの恋愛デスマッチ

「ピンとくる男がいない」のは、好みを3秒以内に言えないから アルテイシア×ぱぷりこ対談④

人気ブロガー、ぱぷりこさんとアルテイシアさんの対談第四弾!今回は自分の好みの把握が大事だということについて。好きなタイプをはっきりと言葉に出来ていない人はせっかくの出会いを無駄にしているかも……? アルテイシアさん、ぱぷりこさんそれぞれの一風変わった好みのタイプもお楽しみください!

マイナー好みですが何か?骨と筋肉に萌える女たち

恋愛デスマッチ アルテイシア ぱぷりこ
©sleepyjeanie

ぱぷ:私は残念ながらモテたわけではないですが、自分が好きになった人とは概ね付き合えたんです。

アル:おーすごい!きっと自分の好みと票田がハッキリしていたからだね。

ぱぷ:「自分はこういう人が好きで、こういう人と相性がいい」というのは明確でした。需要と供給がマッチしていたのは完全にラッキーですが。

アル:新刊にも『「自分がパートナーに求めるものは何か?絶対に譲れない条件を3つ述べよ」という問いに答えられないと、決め手に欠けて選べない』と書いたけど。
ぱぷりこちゃんが求める3条件は?

ぱぷ:「①痛み(挫折)を知っていて、そこから這い上がった経験があること」「②話し合いができること、話し合いから逃げないこと」「③私自身が萌えるフォルムの持ち主であること」。

アル:やっぱそうやって即答できるのがカギだよね。
自分自身を知らないと自分の欲しいものがわからないし、欲しいものがわからないと手に入れようがないから。

ぱぷ:①と②はパートナーシップの部分ですが、③は男としてムラッとくる部分を入れてます。私は「視覚的要素が大事派だ」と自覚しているので、自分の性癖だと割り切って諦めました。

アル:なるほど、それが私にとっては「強さ」なのかも。
私は心身ともに強い人じゃないと無理なのよ。ドラゴンボールのプーアルやウーロンに萌えないように、戦闘力の低そうな人は男として認識できない。

ぱぷ:アルさん専用のスカウターがあるんですね(笑)
私も昔は「あの人なんだか萌える」だけだったんですが、それじゃわからんぞとなって、よくよく深堀りした結果、自分にとっては「骨」が重要でした。

アル:骨。

ぱぷ:彼氏の骨格を見ながら酒を飲めるぐらいには萌えるので。それに極端な話、死んで焼いた後でも骨は残るじゃないですか?

アル:ヘタしたら何万年も残るよね、地層にね(笑)
私も夫の筋肉に萌えるので、いまだに夫の風呂を覗いたり、トレーニング姿を隠し撮りしているよ。

ぱぷ:アルさんにとっての筋肉や私にとっての骨格って、一般的な指標じゃないですよね。「彼氏のどこが好き?」と聞かれて「骨」と即答すると、「???」と不思議な顔をされますが(笑)
世間的に人気のイケメンや細マッチョではなく、“自分”は何に萌えるか?男を感じるか?という話。

アル:「みんながステキと言うからステキ、そんな人に選ばれた自分もステキ」ではなく、「世の中全員がステキじゃないと言おうが、自分はこれが好き!」っていうね。