自分の予定を曲げた時、人はオンナになる?ジョギングでわかった男女の差

ジョガーの法則

菊池美佳子 セックス オトコを甘やかすな
by Chris Hunkeler

 毎朝1時間のジョギングが習慣化してから2年7ヶ月が経つ筆者。走る時間帯もコースも2年7ヶ月間ずーっと同じなので、毎朝顔を合わせるジョガーさんが何人かいます。

 顔を合わせるだけで、挨拶を交わすわけではないのですが、それでもその方々の存在感ってすごく大きいんですよね。「今日は走るのが面倒」ってときも、「紫ジャージさんも頑張ってらっしゃることだし…」と思えば、面倒な気分は不思議と吹っ飛びます(紫ジャージさんというのは、春夏秋冬通して、紫のウェアでコーディネートしているジョガーさんです。名前を知らないので、こう呼んでいます)。

 筆者にとって、毎朝お馴染のメンバーは、男女それぞれ2~3名いるのですが、男性ジョガーと女性ジョガーには明確な差があります。それは、土日も走るか否かって部分。筆者自身は365日年中無休のジョガーなのですが、顔馴染みの男性ジョガーさん達は、同じく土日も走るタイプばかりです。対して女性ジョガーさん達は、土日はお休みしています。

 この事実に気付いたのは、つい数週間前なんですけどね。「そういえば紫ジャージさんとすれ違わなかったなぁ」とか「今日はフローレンスに追い抜かれなかったなぁ(フローレンスは、故ジョイナー選手のようなロングヘアーが特徴的なジョガーさんです。ジョイナー選手のような俊足で筆者を追い抜くので、こう呼んでいます)」って日は、決まって土日であることに気付いた瞬間、筆者は確信しました。

 土日は、オトコと過ごしているのだ、と!
 
 これはあくまでも筆者の推測ですが、紫ジャージさんもフローレンスも、土日休みの仕事をしているのでしょう。そして、彼女たちの彼氏も、土日休みの仕事をしているのでしょう。そして、週末はお泊まりすることになっているのでしょう。そのため、土曜と日曜は現れないのです。横で彼氏が寝ているベッドを抜け出し、ゴソゴソ着替えてジョギングに出るって、情緒に欠けますからね。