• sex
  • 2018.02.12

「元カレは酷い人」と告げることは逆効果!元カレを褒めて男の本能を逆手にとろう

新しい彼氏に元恋人の話をするとき、「ひどい人だった」「こんなところが最悪!」などと悪いイメージを植え付けようとしていませんか?今の彼氏に大事にされるうえでそれは逆効果!男性は「ここまでならやってもいい」と思ってしまいがちな生き物。では逆にほめるといいことが…?

「元彼は酷いオトコだったの」と告げた場合

元カレよりいい男でありたいというよりも元カレより上手の男でいたいと思ってしまいがちな男性の画像

 自分が男性だったと仮定して、新しくできたカノジョに対して何気なく「元カレはどんな人だったの?」と訊ねたとしましょう。カノジョは、「元カレは酷いオトコで、パチンコや競馬に注ぎ込むため、私をセクキャバで働かせていた」と答えました。さて、あなたはカノジョにどのような言葉をかけますか? 

 おそらく大半の女性が、「俺はギャンブル代のために、キミをセクキャバで働かせるようなことはしないから安心せよ」といった類の言葉をかけるでしょう。女性脳の場合はそうなりますが、男性の場合は全然違うようです。

 「元カレのためにセクキャバで働いていたなら、俺のためにもセクキャバで働け!」「いや、セクキャバでは手ぬるい! 本番アリの風呂屋で働け!」となるのが男性脳。女友達の実体験なのですが、あまりにも内容がディープすぎるので、もうちょっとわかりやすい例を挙げましょう。ちょうど、三日後にはバレンタインデーですから、せっかくなのでチョコネタで。

 「昨年まで付き合っていた元カレには、手作りでチョコレートクッキーを焼いた」と聞いた今カレは、さてどのように捉えるでしょうか? 「元カレのために手間ひまかけてチョコレートクッキーを焼いたのなら、俺にも手間ひまかけてチョコレートクッキーを焼け!」「いや、チョコレートクッキーよりも手間ひまかかるチョコレートケーキを焼け!」となるのが男性の思考回路なのです。

 要するに男性とは、私たち女性が思っている以上に「競争意識」が強い生き物だということ。これはもう本能なのでしょう。太古の昔、我々の祖先がまだ狩猟をして暮らしていた頃、男性陣にとっては「獲物を、誰の一番槍で仕留めたか?」って部分が重要ポイントだったらしいです。集落に戻って「一番槍は俺だったぜ!」と手柄をあげるため、自然と競争本能が強くなっていったのでしょう。

良い意味で競争意識を刺激せよ

 現代だと、競争の対象は、先に挙げた例の場合は「元カレ」となります。元カレには手間ひまかけてチョコレートクッキーを焼いたのに、自分には市販品だと「元カレとの競争に負けた」という認識になるようです。

 セクキャバも然り。「元カレに対してセクキャバで働くという自己犠牲を払うことができたのだろう!?」「元カレより俺を愛しているなら、セクキャバ以上にディープな本番アリの風呂屋で働けるはずだ!」という認識になるわけ。我々女性の感覚と真逆ですよね。
 
 もし今カレから、「元カノが恐ろしくカネのかかるオンナで、デートのたびに銀座の高級フレンチをオゴらされた」と聞かされたら……!? 「私はガード下の赤ちょうちんでも充分なオンナだから安心してね」と微笑むのがオンナという生き物! 「ホワイトデーにマカロンを贈ったら『マカロンだけじゃ不満!』と一時間クンニさせられた」と聞かされたら……!? 「一時間もクンニされたら気持ち良すぎてヘンになっちゃいそうだから、通常通り五分でオッケー」と微笑むのがオンナという生き物! 
 
 というか、そもそも女性の場合は、元カノの存在をそれほどまでに意識しないのかもしれません。元カノがどういうオンナだったかと過去をチェックするよりも、大事なのは結婚に向けた未来ですからね。男性の場合は、女性ほど結婚(つまり未来)に対して意識が強くないです。そのぶん、意識が過去へと向かうのでしょう。
 
 以上を踏まえ、今カレに大切にされたいのならば! 過去の元カレから酷い目に遭わされてきたという黒歴史を語るのは逆効果です。「元カレが毎回一時間フェラさせるオトコだったならば、俺のモノは二時間しゃぶれ!」となるだけ。「カラダの相性は悪くなかった」という言い方のほうがむしろ、「負けてたまるか!」と、良い意味で競争本能を刺激できると思った次第です。

Text/菊池美佳子

次回は<女性器モチーフのジョークグッズがないのはなぜ?その理由をヤリチンが解説!>です。
義理チョコ廃止!の広告も話題になった今年のバレンタインデーでしたが、一目見てわかるウケ狙いの義理チョコだったら渡すほうも受け取るほうもちょっと楽しいはず。男性器モチーフのチョコを配った菊池美佳子さんでしたが、女性器の形のジョーク商品がないのは一体なぜ?

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など
今月の特集

AMのこぼれ話