優良物件だからフラれる?仕事に生きる男性が考える「別れの理由」

男性が女性をフる理由

仕事に集中しているオフィスワーカーの画像
by Filipp Kozachuk

 AMで記事を書くようになってから4年ちょい経ちますが、書く側としてだけでなく、イチ読者としても楽しんでおります。AMには、「編集部さんは一体どうやって見つけてきたのだ……」と、思わず唸りたくなるような書き手さんが沢山いらっしゃるので。ここ最近では、おゆみパイさんが1300円のジンジャエールを飲んだ話が、筆者にとっては目からウロコでした。「あまりにも身の丈に合わなすぎるのでブロックした」という、まさかの結末に、そりゃもう衝撃を受けたものです。ブロック理由って、「無理」「キモい」「生理的に受け付けない」だけじゃないんだなぁと!

 おゆみパイさんは女性でらっしゃいますが、男性にも同じような感覚があるようです。つい先日、年下のカワイコチャンと付き合い始めたばかりの男友達・A氏に会いまして。「カノジョとは順調かね?」と訊ねたところ、衝撃の答えが返ってきました。たったの4週間で別れた、と。フッたのはA氏のほうです。

 若くて可愛らしい優良物件だったのに何故……と筆者の頭の中はクエスチョンマークでいっぱいになりましたが、フッた理由はまさに「優良物件」という部分でした。性的相性がバッチリ過ぎて、このまま交際を継続すると、快楽に溺れ、仕事が疎かになると判断したのだそう。

 へっ? そんな理由ってアリ? 筆者のこれまでの価値観では、むしろ逆という認識でした。【セックス後音信不通の理由は「体の相性が悪い」だった!絶対に知らない方がいい男の本音】でも書きましたが、「性格的相性がバッチグーな女性でも、肉体的相性が合わない場合は、初回で見切りをつける」のがオトコという生き物だと思っていました。

 そういえばA氏は、一部上場企業に勤務する、いわゆる「エリート」です。A氏にとって仕事は人生の最優先事項! その仕事に支障を来たす存在は、排除せざるをえなかったということなのでしょう。