Loading...

神視点発動!シャイな男子の葛藤が女心をくすぐる/『アオハライド』

 少女マンガに登場するステキな王子様に胸をときめかせていたあの頃——いつか自分も恋をしたい。
そんな風に思いながら、イイ男とは何か、どんなモテテクが効果的なのか、少女マンガを使ってお勉強していたという人も少なくないハズ。

 時は流れ大人になっても、少女マンガによって植え付けられた恋愛観や理想の王子様像は、そう簡単に劣化するものではありません。
むしろ王子様の亡霊に取り憑かれて、リアルな恋愛がしょぼく思える人もいたり?
この連載では、新旧さまざまなマンガを読みながら、少女マンガにおける王子様像について考えていきます。

第3回:素直じゃない王子様『アオハライド』

 恋愛をする中で最もヤキモキさせられること、それは「相手の心が見えない」ということではないでしょうか? 

  まだ付き合う前ならば、相手が自分を好きなのか嫌いなのか分からなくて不安になるし、順調に付き合っている時でも、気持ちを言葉で伝えてくれなければ不安になってしまうし。より確かな愛情を手に入れたくて、ついイライラしてしまうことってありますよね。
だからこそ、相手の心が手に取るようにわかった時は、なんとも言えない甘美な気持ちになります。

 少女マンガを読む楽しみのひとつは、神の視点を獲得して、登場人物の恋心をのぞき見られるということ。
物語世界の中に入り込み、相手の心が見えなくてやきもきしている恋人たちを観察する「お見通し」な感じ、たまりませんよね。
「実は君たちすでに両思いなんだよ!」とか「愛し合ってるのにすれ違ってるだけだよ!」とか言いながら先を読み進めることは純粋に喜びであり、リアル恋愛でいつもやきもきさせられている分、ちょっとしたストレス発散にもなっていたりして。

 マンガを読むときだけじゃなく、普段もこんな風に人の気持ちが分かったら、あの失恋も、あの喧嘩もなかったかもしれないのに。無理な相談と分かっていても、そう思ってしまいます。

 今回ご紹介する『アオハライド』は、神視点で読むことの喜びを存分に味わえる作品です。

お互いにほのかな恋心を抱きつつも、ワケあって離ればなれになってしまった中学生の「双葉」ちゃんと「洸」くんが、高校で再会。
しかし、しばらく会わないうちにお互い昔とは全く別のキャラになってしまっていて、なかなか昔のようにはいかない。そんなところから物語はスタートします。

前後の連載記事