Loading...

モテないのはブストークのせい!?5つのミラクルワードで印象を劇的チェンジ!

 前回記事<「セックスしても付き合える」は例外!成功する告白の鉄則とは?>もどうぞ!

 新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』が2/9に発売になります!
発売に併せて対談企画もありますので、ご期待くださいませ~♪

「なぜモテないのか?」に対する真摯な回答

アルテイシア 結婚 一人 独身 女性 自己分析 Wisconsin Department of

 さて、自称喪女の女友達から「私、なんでモテないんだと思う?」とまっすぐな目で聞かれることがあります。
こちらは恋愛コラムニストという、しゃらくさい肩書きをもつ者。「運命の相手に出会ってないだけだって♡」等、すかしっ屁のような回答をするわけにいかない。
なにより私自身も出自は生粋の喪女である。

 というわけで「まずは見た目を変えよう」と<チンドン屋から黒髪ロングへ!自分を貫くための「男受け」ファッション>を提案します。
その提案を実行した結果「男の扱いが一気に変わった!!」との報告をよくもらいます。

 けれども「男の扱いは変わったけど、恋愛には発展しない」と嘆く女子も多い。
自称喪女の友人に「やっぱり私がブスだから?」と問われて「いや断じてブスじゃない、ただしトークがブスである」と真摯に回答したところ、彼女は「私ってトークがブスだったんだ…」と雲を見つめながら「ラピュタは本当にあったんだ…」と呟いていました。

 ラピュタが本当にあったかはさておき、自称喪女のトークは女同士だととびきり愉快に盛り上るのですが、男相手だとブスっぽい印象を与えてしまい、恋愛対象から外されることが多い。またブス扱いして見下してきたり失礼なイジリ方をする男もいるため、全方位的に損です。

 以下、初対面でやりがちなブストーク例を載せますので、心当たりのある方は控えましょう。そのうえで、美人トーク例のミラクルワードを使いこなせるよう練習してください。

前後の連載記事