加齢を武器にせよ!「若い女好き」はバカがバレたくないバカ男/オクテ女子座談会(5)

  恋愛とセックスについて聞こえてくるのは、キラキラ女子の声がほとんど。「私とは違う世界の話だわ」という皆さまに、オクテ女子へのアドバイスを役立ててもらえれば幸いです。

第1回「恋愛もセックスも一生縁がないと思ってた」女子校出身、体コンプレックス、腐女子…
第2回「リアルな男女の性行為はキモい」性の目覚めと初セックスとコンプレックス…
第3回「自分がキモくて面倒くさい」恋愛とセックスの壁を壊すには…
第4回「自意識過剰ゆえに自意識過剰な自分を許せない」彼氏できないのは○○の準備がないから はこちら

※参加者
文系ちゃん(28歳・女子校出身の元文学少女)
ノンキちゃん(33歳・「気づいたらこの年でした」が口癖)
腐女子ちゃん(25歳・BL&声優大好きの最年少)

 3人とも私と仲良しの女子たちです。全員、未婚で彼氏ナシ。
(この対談はニコニコ動画の「アルテイシアの相談室」で掲載した内容をバージョンアップさせたものです)

加齢が怖い女子も<アンパンの法則>を知れば大丈夫!

アルテイシア オクテ女子座談会
Barta IV

腐女子:私、ほんとに年とるのが怖いんですよ。今は遊んでくれる女友達がいるけど、みんな結婚しちゃったらどうしようって。

文系:みんなどんどん結婚していくよ。

ノンキ:しかもその友達は結婚して子供を産むよ。

腐女子:怖い…!

アル:ホラーか(笑)。

文系:みんなどんどん結婚していって、第二子が生まれる子とかもいて…でも仕事柄、周りに独身の働く女性が多いから、遊ぶ相手には困らないんですよ。で、大丈夫かなって思っちゃう。

アル:何が大丈夫なのか?

文系:そうなんです、大丈夫じゃないんです(笑)!パートナーが欲しいなら行動しないと。

ノンキ:「まだ○○ちゃんが残ってるから大丈夫」と自分に言い聞かせてるうちに、気づいたら33歳になるよ。それでコンパの誘いもなくなって、周りから独身の男が消えていくよ。

文系:怖い…!

ノンキ:私、このまえ紹介話があったんですよ。でも先方に33歳って伝えたら、会う前に断られちゃって。「もう土俵にすら乗れないのか」とショックでしたね。すると年上の女性陣から「まだまだ甘い、35過ぎたらもっと厳しい」と言われて。

文系:絶望的な気分になってきました…(泣)

アル:では皆さんに<加齢を武器にするアンパンの法則>を紹介しましょう。
30過ぎて幸せな恋愛や結婚をしてる女子の特徴は、アンパンの皮じゃなくアンコに注目する、つまり表面じゃなく本質を見ている。

若い時は男の見た目がイケてるとか、スマートにリードできるとかに注目しがちだけど、年をとるともっと本質的なこと…人として信頼できるとか、一緒にいてくつろげるって部分に注目するようになる。

あと若い時ってdemanding(欲求過多)で「ありのままの自分を受け入れて」と求めつつ、相手には「完璧な男であって」と求めがちでしょ。でも年をとると「自分も完璧じゃないように相手も完璧じゃない」と自然に思えるようになる。
すると、ありのままの相手を受け入れられるようになる…これってすごい武器なんだよ。男女共にパートナーに求めるのはそこだから。