コンプレックスは克服しなくていい!美しさは求め続けず突っ込みどころを身につけよう

コンプレックスとの共存

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 Pablo Miranzo

 コンプレックスというのは
どんな人にもあります。
私も毛深いこの体はコンプレックスの一つです。

 現在進行形だったら解消してみては?
という意見もあります。正論です。
もしかしたらそれも正しいのかもしれません。

 ただ、私が思うに
嫌だな、ちょっと恥ずかしいな程度のことは
そのままの方が、自分も、周囲も楽だと思うのです。
もちろん明日を生きるのも辛いというコンプレックスは
病気かもしれないので治療すべきだと思いますが。

 コンプレックスがあった方が魅力的だよ!
なんて寝言のようなことは言いません。
私だってコンプレックスのせいで、のたうちまわっていることが時々あります。

 では逆に質問ですが、
一つのコンプレックスを克服して、
また新たなコンプレックスを抱えないという保証はありますか?

前後の連載記事