Loading...

アラサー女子の生き方は「今の人間関係」に現れる?人生を濃く生きるための第一歩とは

Return to myself

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 MsSaraKelly

 先週は物理的な鏡の見方について、お話をしましたが、
今週は違った鏡について、お話をします。

 よく周囲の環境の悪さや、人間関係の難しさを嘆いている方を見かけます。
でも社会人になっているのであれば、
その環境は自分が選んだもので、友人も自分が選んだもので、
そのことについて嘆いているのは
その環境を選んでいる自らの愚かさを
図らずも周囲に晒していることになります。

 なんてね。
人間ですもの、嘆く時もありますわね。
かくいう私もけっこう嘆いています。
「あぁ、○○がむかつく」とか、「○○は気が回らない」とか
「○○はどうしてあんなに意地悪なんだろう」とか。
完璧にできた人間はいないものです。ほほほ。

 だから私は嘆いても良いと思っています。
むしろ嘆くことは気付きのファーストステップだとすら考えています。
大切なのは、
嘆きながらも自分にできることはなかったか?
こちらが変わるべきことはないか?
と同時に考えることです。

 昔、浜田麻里さんという歌手の歌に
Return to myself という曲がありましたが、
その姿勢こそ、淑女のたしなみだと思っています。

 なぜなら優しさと気遣いに溢れたこの国において、
大体の問題は、外的な要因ではなく、
内的な要因に起因しているのです。

 つまり、周りのせいだとばかり思っていたことが
自分のせいだったということが結構あるのです。

前後の連載記事