太メンJJの人生らくらくモードになるライフハック/59番目のマリアージュ

先日の関西の地震を通して、JJ(熟女)になってから「メンが太くなった」と感じたアルテイシアさん。若いころは安定しなかったメンタルが今の状態まで落ち着けたのは、〇〇のおかげ?アルテイシアさんが実践したライフハックとは一体どんなものでしょう?

アルテイシアさんのライフハックで自由になった女の子の画像

 『震災と、あばずれ番外地の思い出』のコラムが更新された数日後に、関西で大きな地震があった。

 その時、神戸在住の私は朝寝坊してオフトゥンの中にいた。
突然のビッグウェーブに「ぎゃわわわ」となりつつも、「阪神大震災はこの十倍揺れたから、あそこまでの被害はないだろう」と冷静な自分もいた。

 そして揺れがおさまった後、ガバッとオフトゥンから飛び出した。二匹の猫たちはびびって押し入れに隠れている。

 以前ネットで「猫が地震で怯えている時は、両手で抱えてゆらゆら揺らすと『なんや、お前が揺らしとったんか』と安心する」という情報を見たので、試してみようかと思ったが、猫たちは押し入れから出てこない。

 その時、通勤途中の夫から電話がかかってきた。

夫「大丈夫か?」
私「私もキャットも大丈夫、そっちは?」
夫「モノレールの車内に閉じ込められてる」
私「あらま」
夫「当分動きそうにないな。背広のポケットにハイチュウが入っていたので、それを食べてる。イチゴ味は美味い」
私「あっそう」

 夫は心身ともにタフなので大丈夫だろう、ハイチュウもあるしな、と電話を切った。しばらくして、夫からLINEのメッセージが届いた。

夫「モノレールが高架から落ちて死ぬかと思った。とっさに最期の言葉として、Facebookに『チンポコ』と投稿しようかと考えた」
私「それがとっさに考えたことか?」
夫「それしか頭に浮かばなかった」

 ダイイングメッセージがチンポコ、コナンくんも推理に困るだろう。そう思いながら、近所に住む義母に電話すると「寝てたわ~」とのんきな声。やはり戦中生まれはタフである。

 それからパソコンを開いて、アルテイシアのオンラインサロンに「みんな、地震は大丈夫ですか?」と投稿した。1人暮らしの独身女子も多いので、さぞかし不安だろうと思ったのだ。

 関西のメンバーから「私も電車に閉じ込められてます~(泣)」「入浴中だったので全裸で焦りましたが、大丈夫です!」といったコメントが続々と寄せられた。関西以外のメンバーからも「東京住みですが、できることがあったら声をかけてくださいね!」といったコメントが寄せられた。

 ひとまず、みんな無事でよかった。そして、オンラインサロンを始めてよかったなあ…と実感した。こういう時、声をかけあえる仲間がいるのは心強い。

 その後、女友達のFacebookグループに投稿すると、全員無事とのこと。
「駅まで来たけど地下鉄も止まってるわ~」「こんな時に会社なんか行かんでええ!」「そやね!家帰るわ」といったやりとりをかわす。

 そこで一段落して、朝ごはんに冷やし中華を作って食べながら、TVの地震のニュースをじっくりと見た。
冷やし中華を二玉ぶん食べながら、しみじみと思った。「メンが太くなったなあ」