59番目のマリアージュ

STOP!毒親ポルノ。学研の図鑑シリーズに「毒親図鑑」を入れてほしい/59番目のマリアージュ

血がつながっていようが、和解できないものはできない!それが「毒親」なので、安易なアドバイスは悩んでいる人を傷つけるだけかも。毒親の呪いに苦しんだアルさんが、毒親とは、そしてカムアウトされたときどうすればいいのかを教えてくださいます。

アルテイシアさんのライフハックで自由になった女の子の画像

 アルテイシアは激怒した。

 なぜなら先日、夫からこんな話を聞いたからだ。
夫の知り合いに婚約中のアラサー女子がいる。彼女の父親は借金・DV・アル中の三冠王で、母親はさんざん苦労した末に離婚した。彼女と母親は父親から逃げて、現住所も教えていなかった。

 にもかかわらず、婚約者が「お父さんを結婚式に呼ぶべきだ」と強く主張したという。
その時点でクソだが、なんとそいつは勝手に父親に連絡して「結婚式に出てほしい」と直談判したそうだ。

 結局、彼女はその男と婚約破棄した。夫は「君は正しい、そんな男とは別れて正解だ」と告げたという。

 きっと本人も「結婚前にクソだと気づいてよかった」と頭ではわかっているだろう。でもやっぱり深く傷ついて「毒親育ちだからこんなことになった」と自身の境遇を呪っているんじゃないか。

 そう思うと胸が痛くて「その子に特上の寿司でも奢ってあげなさいよ」と夫に言った。寿司は正義である。
そして、その婚約者に特上の昆虫ギフトセット(タランチュラ入り)を贈りたいと思った。

 そいつは毒親ポルノの悪影響を受けているんじゃないか。

「疎遠だった毒親とわかりあって仲直りする」みたいなお涙頂戴系の作品を、私は毒親ポルノと呼んでいる。親が病気で余命いくばく、みたいな設定も多い。
そういうのを見るたび、「ケッー!!!!!!!」とありったけのタンを吐き捨てる私。

 毒親ポルノは毒親の呪いに苦しむ人間にとって、きわめて有害なコンテンツだ。
どんなにひどい親でも、子どもは「親を捨てた自分はひどい人間じゃないか」と自分を責める。それだけでも苦しいのに、毒親ポルノに汚染された人々から「親子だからわかりあえる」「許して和解すべきだ」と幻想を押しつけられる。

 ドラマ『アンナチュラル』に、父と子が対面するシーンがあった。