59番目のマリアージュ

アルテイシア×こはなみみこ対談①「ダライラマ夫の見つけ方」

毒親育ち、セクシュアルマイノリティ、発達障害など多数の生きづらさを抱えるこはなみみこさん。そんな彼女はヘテロセクシュアル男性と結婚。生活を共にするパートナーとして最高の相手っていったい?アルテイシアさんとの対談です。

レズビアンがマッチングアプリで見つけた懐が深い夫と結婚して幸せそうな画像 by Sasha Neplokhov

 AMで「恋してないけど愛してる」を連載中の、こはなみみこさん。
彼女は以前「アルテイシアの恋愛デスマッチ」のカウンセリングに登場してくれました→「毒親育ちのレズビアンが婚活で最高のパートナーに出会うまで」

 みみこさんは「レズビアンですが男性と(ほぼ)友情婚しました」のコラムの中で、次のように書いています。

毒親育ち・既婚・レズビアン・フェミニスト・ミサンドリー(男嫌い)・元ビッチ・オタク・百合好き・ADHD・婦人科系疾患治療中で妊活中の28歳です。
レズビアンですが、パートナーは男性です。婚活アプリで出会い、半年で結婚しました。
(略)
それは決して自らの欲求を叶えるためだけに「結婚」という制度を利用するのではなく、生きづらさを感じている私と、どこかにいる別な生きづらさを抱える誰かがお互いの得意と不得意を持ち寄り合って、少しでも楽に生きていけたら、という思いから始まるものでした。

 今回はみみこさんと「最高のパートナーを見つけて、幸せな夫婦関係を築くコツ」について語りました!

ADHDのカムアウト

アル
カウンセリングでみみこちゃんの話を聞いて「夫はダライラマか!」と感動したんだよね。たとえば、毒親育ちのみみこちゃんは「相手の顔色を窺って、我慢して合わせる」がデフォルトだったそうだけど。
みみこ
はい。母との関係で「自分が我慢して謝ればすむ」と学習してしまったので、イヤと言えない・怒れない人間だったんです。でも夫が「あなたも怒っていいし、機嫌を損ねてもいいよ。そうやって対等な感情のやりとりをしよう」と言ってくれて、毒親の呪いが解けました。
アル
結婚前、婦人科系の疾患について話した時の反応も「100点かよ!」と思った。
みみこ
夫に「婦人科系の疾患があって不妊の原因になるかも」と話したら「子どもができなくても僕は夫婦二人でも幸せだし、子どもを望むなら養子という選択肢も考えられるよね」「まずは僕も検査を受けるよ」といって、男性不妊について調べてました。
アル
ハア~~ダライラマやねえ。その他の、自分の抱える生きづらさについても結婚前に話したの?
みみこ
全部話しました。私にとって特にキツかったのが、ADHDだったんです。
26歳の時に診断を受けたんですけど、それまでの私はとにかく仕事ができなくて、派遣で働きながら短期でクビになるのを繰り返してたんですね。そのたびにメンがヘラって、自己肯定感が息してない状態で。
アル
それはそうなるよねえ。「こんな自分は生きていけないんじゃないか」と不安になるし。特にどういうことが苦手だったの?
みみこ
とにかく同時進行ができないんですよ。たとえばデータ入力中に「これもお願い」と別の書類を渡されると、パニックになるんです。
アル
マルチタスクができないのはわかる。私もウンコしながら漫画を読んでても、漫画に集中するとウンコの存在を忘れるから。
みみこ
あははは(笑)
アル
だから広告会社時代は地獄だった。「なんで周りが普通にできることが自分にはできないんだろう」「自分は給料泥棒だ」とメンがヘラヘラになってた。
でも物書きになって「好きなことはできる」と気づいたのよ。ひたすら文章を書き続けるのはべつに苦じゃないから。
みみこ
私も文章を書く時はものすごい集中します。ただ文章は趣味で同人誌に書く程度で、本業の仕事で何度もクビになってる自分に劣等感が強すぎて。それで心療内科に行ったら「キミこそADHDだ!」と太鼓判を押されたんですよ。
アル
キミこそスターだ!みたいな(笑)
みみこ
そうそう(笑)。診断を受けてホッとしました。親にも「あなたは発達障害じゃない、努力すればできる!」とずっと言われてきたので。
アル
それは本当につらいよねえ…。夫にはどのタイミングで話したの?
みみこ
付き合ってわりとすぐ結婚話が出たので、その時ですね。ADHDとこれまでの経緯を話したら「わざわざ苦手なことをして苦しむ必要ないよ」「あなたは他にできることがたくさんあるでしょ」と言ってくれて。
アル
ハア~~ダライラマやねえ。
みみこ
そんなふうに肯定されたのが初めてだったので、大号泣しました(笑)。
アル
私も毒親育ちで見捨てられ不安が強くて「こんな面倒くさいメンヘラ女は嫌われる、自分を変えなきゃ幸せになれない」と思ってたけど、夫に「いろいろ大変なことがあったんだから、不安定になって当然だろう、別に変わらなくていいんじゃないか」と言われて、メンが安定したのよ。 
みみこ
「それでいいのだ」ですね。
アル
「こいつバカボンのパパやったんか…!」って。鼻毛もめっちゃ出てたしな(笑) 私はいつも「男は見た目やスペックじゃない、アナルのデカさだ」と書いてるけど、自分のマイナスな部分も受け入れてもらうことで、いい方向に変化していけるんだよね。
みみこ
私も夫と暮らし始めて生きやすくなったので、独身女子には「アナルで選ぼう」と言いたいです。
アル
みみこちゃんの夫はダライラマ夫(お)でアナルガバ夫(お)なわけだけど、なんでガバガバなんだと思う?