アルテイシアの恋愛デスマッチ

「ハイスペ婚したけど幸せじゃない」自分がわからない女子にカウンセリング①

夫に家事をやらせたい、でもしてくれなくて喧嘩ばかり…そんな相談者さんを一刀両断するアルテイシアさんの切れ味、本日も抜群です。伝え方ってとても大事だし、相手を尊重する関係を築くのは難しいけど、それが夫婦ですよね。

夫をパンチする妻だが効き目がない写真

 今回カウンセリングするのは「ハイスペ夫と結婚したが幸せを感じられない」と悩むCさん(32歳、派遣社員)です!

【Cさんの相談メール】
 夫と結婚して6年になります。自分で言うのも変ですが、夫は見た目もスペックも悪くないので、世間の基準でいうと私は幸せな妻に見えると思います。
ただ実際、私は幸せを感じられないでいます。

 この6年間、夫とケンカが絶えません。普段は普通ですが、一度ケンカするとお互い手がつけられない状況になり、私は毎日イライラしているし、セックスレス気味。
夫は子どもを欲しがるけど、私は子どもにそこまで興味がなく、でも年齢的なことや世間の声に焦りつつ「こんな状況で子どもをもつべきか…」ともう6年ずっと悩みっぱなしです。

 最近は夫に触られるのも嫌だし、セックスする気も起こりません。結婚して自分がこんなことで悩む日がきたことに戸惑ってます。
過去に一度、夫婦カウンセリングも受けましたが、全くの無意味でした。こんな夫婦の恥みたいな話、友達にもできません。

 私のように世間からは理想的な夫と結婚して幸せそうに見えても、悩んでいる人はいると思います。私ももう6年ずっと悩んでいて、自分でもどうすればいいのかわからず苦しいです。アルさん、助けてください。

アル:今日はカウンセリングなので耳に痛いことも言いますよ(笑)。まずメールを読んで感じたのは「世間」という言葉が多いこと。「世間から見ると」とか世間のモノサシを気にして、自分のモノサシが定まってないから、「自分でもどうすればいいのかわからず苦しい」んじゃないかな。
ズバリ聞くけど、Cさんはどうしたいの?

C:うーん…それがわからないから、ずっと悩んでるんです。

アル:じゃあ今一番悩んでいることは?

C:うーん…夫への不満がつのりすぎて、セックスもしたくないし、でも年齢的に子どもを産むなら考えなきゃいけないし…。

アル:じゃあ、どういう状況になれば満足すると思う?

C:とりあえず夫とのケンカがなくなって、平穏に暮らしたい。

アル:どうすれば夫とのケンカがなくなると思う?

C:それがわからないから悩んでるんです(笑)。今日も本当は夫を連れてきて、アルさんと話してほしかったんですけど。

アル:いや、そこ(笑)!!厳しいこと言うけど、メールの「夫婦カウンセリングを受けたけど無意味だった」「アルさん、助けてください」という文章からも、他人頼み・他力本願という印象を受けました。

C:……。

アル:気持ちはわかるけどね。私も若い頃「もう自分で考えるのが面倒くさい!誰か正解をくれ!」と占いに通った時期があったから。その時に「思考を放棄して他人の言葉に左右されていると、永遠に問題解決しない」と反省して、非スピリチュアルな人間になったんだけど。

C:私も一応考えてるけど、グルグル堂々巡りになって、解決策がわからないんです。

アル:「悩む」と「考える」は違うから。考えるとは「現状の何が問題か?」「どうなれば満足か?」「そのために何ができるか?」と思考を整理すること。

たとえば「部屋汚いな~イヤだな~でも片付けるの面倒くさいな~」とグルグルしている状態が「悩む」で、問題解決したければ「部屋が汚いのはモノが多すぎるからだ」と原因分析して、「どこからどう断捨離していくか」と計画を立てて、ひとつずつ実行していくしかない。

「朝起きたら部屋がキレイになってますように…」とお祈りしても、こんまりの妖精は助けてくれないから。

C:たしかに(笑)。私は「部屋が汚い!」とひたすらイライラしている状態で、思考を整理するのが苦手かもしれない。

アル:それは訓練で身につきますよ。「現状の何が不満か?」「どうなれば満足か?」「そのために何ができるか?」を書き出して整理してみよう。書きながら「それって本当?」「それってなぜ?」と自分の心に問いかけながら。

C:そんなふうに書いて整理したことはなかったです。

アル:今日はCさんの話を聞きながら一緒に考えてみましょうか。