「あなたと結婚できるか見極めたい」彼にジャッジされる同棲が腑に落ちません/ものすごい愛

親愛なるAM読者のみなさま、ごきげんよう。ものすごい愛です。

今年も残すところあとわずか。2021年もあっという間でしたね。
いや~今年もいろいろありました。
年明け早々に何もないところで転んで靱帯断裂したり、なんか体調が芳しくないな~と思っていたら誕生日に緊急手術したり……個人的には病院のお世話になる機会が多い1年でした。
健康ってありがたいね! と明るく締めたいところですが、この原稿を書いている今日も雪道で派手に転んでしまい、現在はまともに歩けない状態でして……この多忙極まりない年の瀬に明日は病院に行く羽目になりそうです。
みなさん、ほんとうにケガや病気には気をつけてくださいね……。

前回の記事では、元彼に既婚者であることを隠されていた経験から、今の彼を好きになることに躊躇している女性からの相談でした。
一度つらい経験をすると、「どうせこの人も同じなんだ」とつい大きく括って決めつけがちです。でも、穿った見方をして「ほうら、やっぱりね」とかなしみの答え合わせをしたところで、いいことはひとつもないはずです。
相談者の方には、主語を大きくせず、その人自身を知るための勇気を持ってほしいと思います。

結婚を見極めるための同棲は必要なの?

【相談】付き合って3年の3つ歳上の彼氏がいます。来年彼氏が転職し引っ越すため、そのタイミングで一緒に住まないかと誘われています。彼氏は一緒に住んでみて本当にやっていけるか見極めてから結婚したいそうです。同棲と結婚生活は責任感も全然違うと思うし、何より彼氏から毎日ジャッジされているんだと思うと自分の家なのに休まらない気がして今から胃が痛いです。私は結婚するまで実家を出るつもりはありませんでしたが、彼氏のことが好きで迷っています。たとえば婚約していて決まった期間一緒に住む、なら分かるのですが、見極められるため(しかも無期限)の同棲は必要なのでしょうか。同棲必須派と同棲いらない派はどちらかが折れるか別れるかしか道は無いのでしょうか(25歳女性)。

選択肢に「別れる」という極論がいきなり出てきてびっくりしてしまいました……! が、相談文を読む限り、あなたと彼の間にすれ違いは生じているものの、お互いが歩み寄れば折り合いをつけられそうな内容に感じました。

前後の連載記事