なぜ婚活は病みやすいの?Twitter婚活で病みツイートが溢れる理由

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、婚活で病んでいる女性って誰?」
担当編集I嬢:「誰かと愛し愛されるって奇跡みたいな状態なんですね……」

今週のテーマは「婚活病み」です。ポイントは「婚活疲れ」ではなく「婚活病み」って部分。「疲れています」と「病んでいます」では、重みが全然違いますからね。

婚活病みについて考察する前に、まずは婚活とはなんぞや……という基本的な部分から定義づけしていきましょう。婚活とは、結婚活動の略語です。結婚活動か……四文字にするとこれまた重みが増しますね。ウィキペ○ィアによると「結婚相手を見つけるための主体的な活動」のことなんですって。

手段としては、お手軽なところでは婚活アプリが代表格でしょう。ほか、婚活パーティーや担当コーディネーターさんがつく結婚相談所などの選択肢も。最近ではTwitter婚活も流行っていますが、それこそ婚活中の女性が「もうマヂ無理」と病みツイートを投稿している様子もチラホラ……。

婚活で病むのには理由がある!

今こそ全ての日本国民に問います。

なぜ婚活は病みやすいのでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「就職氷河期の就活でも病まなかった私が婚活で病むことになるなんて」とか「選ばれるという意味では就活も婚活も同じはずなのに何故?」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。婚活が病みやすい理由とは……!? 

「人間は欲求不満になると病むから」です。

婚活中は、セックスという行為から遠ざかることになります。特に結婚相談所は、成婚前の婚前交渉はご法度! 結婚相談所以外の婚活(アプリやパーティー)でも、セックスへのブレーキが強めに作動している女性がほとんどでしょう。

なんてったって婚活中の身なのですから、最優先すべきはプロポーズの言葉を引き出すこと! どれだけスキモノな女性でも、性欲は封印することになります。なぜなら、うっかりお股を開くことによって、お互いがセックスできたことに満足してしまい、肝心の結婚話が進まなくなる危険性大だから。

これが婚活ではなく恋活であれば、話は別なのでしょうね。「セックスから始まる恋愛もアリよね」と、ライトな姿勢で臨んでいる女性が大多数かと。そのため、適度に性欲を発散することができるので、欲求不満になることもありません。

一方で婚活中はセックスから遠ざかるため、欲求不満が溜まります。性欲は人間の「三大欲求」の1つですから、その欲求が満たされないと病むのは当たり前! これぞ、婚活が病みやすい理由なのでしょう。

前後の連載記事